コンセンサス・アルゴリズム

コンセンサス・アルゴリズムとは仮想通貨の取引における合意形成方法を意味しています。

仮想通貨(暗号通貨)を支える技術であるブロックチェーンの思想とは、中央集権的に誰かが管理するのではなく、分散して広く公平にみんなで管理することによって信用を担保するというものです。このような思想のもと、仮想通貨という新たな価値を生み出すためには、特定の管理者が不在でもインターネット上において複数のコンピューター間で通信を行うことができる、P2P(Peer to Peer)という通信方式を利用することを前提と考えます。

特定の管理者が不在のP2Pネットワーク上で取引が行われた際には、誰に誰がいくら送金したかなどの取引を正確に記録する必要があり、そのためにはネットワークに参加している全員の認識を一致させる共通の『合意』の方法がなくてはいけません。この合意を証明する方法の総称がコンセンサス・アルゴリズムです。

コンセンサス・アルゴリズムにはビットコインで採用されているプルーフ・オブ・ワーク(PoW)や、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)などがあります。