ICO

これから新しい仮想通貨(暗号通貨)を発行するという時に、その仮想通貨の開発元が資金調達のために行う予約販売がICO(initial Coin Offering)です。

クラウドセールやプレセールなどともいわれ、ICOという名前の由来にもなっている、新規公開株のIPO(Initial Public Offering)をイメージすると分かりやすいかもしれません。

仮想通貨が注目されるにつれてICOへの参加者も激増していて、注目が高いICOは購入者も多数となり、なかなか購入することができなくなってきています。しかしIPOとは異なり、はじめから上場するつもりもなく、仮想通貨を開発しているように装って資金を集めようとする詐欺のようなICOがあるのも事実です。

投資にリスクはつきものですが、ICOでの投資は非常にリスクが高いといえます。