ビットフライヤー(bitFlyer)がリスク(Lisk)の取り扱いを開始

ビットフライヤー(bitFlyer)がリスク(Lisk)の取り扱いを開始

リスク

2018年1月31日、以前から噂されていた国内最大手の仮想通貨取引所のビットフライヤー(bitFlyer)で、新たな仮想通貨となるリスク(Lisk)の取り扱いが開始されました。

ビットフライヤーでのリスク上場が発表されたことに起因して、リスクの価格が急騰しており、一時的にビットフライヤーのサイトへはログインできない状態となっておりました。

リスク(Lisk)はビットコインに次ぐ時価総額の大きさを誇る、イーサリアムと同じ分散型アプリケーション(DApps)を用いている事でも知られていおり、リスク(Lisk)の開発にはイーサリアムのコア開発メンバーが加わっています。

しかしイーサリアム(Ethereum)とは異なり、リスク(Lisk)ではサイドチェーンを用いることで、メインのブロックチェーンに負荷をかけずに処理速度の向上を実現しています。

今回ビットフライヤー(bitFlyer)への上場が発表されたことによって、リスク(Lisk)が普及する大きなきっかけとなりそうです。

bitFlyer公式サイトはこちら

ニュースカテゴリの最新記事