コインチェック(Coincheck)でNEMの不正引き出し被害が発生

コインチェック(Coincheck)でNEMの不正引き出し被害が発生

コインチェック coincheck

日本国内の三大仮想通貨取引所であるコインチェック(Coincheck)で、NEM(XEM)の不正引き出しが発生したようです。

詳細な発表はまだありませんが、日本円にして580億円相当のNEM(XEM)が不正に引き出されたようです。

現在コンチェックではNEMの入出金や売買、JPYを含めた取り扱い通過全ての出金を一時的に中止しており、BTC以外のアルトコイン売買も一時的に中止されています。

コインチェック社は匿名性の高い仮想通貨の取り扱いを行いたいという意向が強かったため、資金決済法上の交換業者登録を見送っており、コインチェックは金融庁の仮想通貨交換業者の登録が行われていません。

このことがどのように影響するのかはわかりませんが、万一の事態が発生してしまった以上、負の要素として捉えられるのは間違いないと思われます。

仮想通貨取引所の不正被害といえばマウントゴックス事件を思い浮かべる人も多いでしょう。正確な被害額などはわかりませんが、マウントゴックスの時には500億円以上の被害とも言われており、結果的にマウントゴックスは破綻しました。

現時点でも620億円以上ともなると、マウントゴックスよりも大きな被害となります。国内でも1,2を争うユーザー数を誇るコインチェック。正式な発表はまだありませんが、今後の対応とコインチェックの行く末が気になります。

ニュースカテゴリの最新記事