COMSA(コムサ)

COMSA(コムサ)

comsa コムサ

日本の代表的な仮想通貨取引所であるzaif(ザイフ)を運営しているテックビューロ社から、企業を対象としたICOプラットフォームのCOMSA(コムサ)をリリースすると発表されました。

COMSAは今までICO(仮想通貨による資金調達方法)を行って資金調達したくても、法律の関係や技術的な問題でICOを出来なかった企業が、ブロックチェーン技術の導入とICOとを同時に実施できる、日本発のICO支援プロジェクトとして大きな注目を集め、発表から1週間で事前登録者が3万人を超えました。

COMSA(コムサ)の概要

開発元のテックビューロ社はCOMSA(コムサ)について以下のように記載しています。

「COMSA」は、トークンの発行販売を用いた資金調達「ICO(=Initial Coin Offering)」と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューションです。トークンの発行販売から、「Zaif」取引所での上場、「mijin」による内部勘定の構築までをワンストップで利用する事ができる世界でも唯一のサービスです。

上記の説明文を見ても何だか良く分からんという人も少なくないと思いますが、COMSAを一言でいうと『企業のICOを全面的にサポートするサービス』といったところでしょうか。

仮想通貨元年といわれる2017年は、ビットコインをはじめとする仮想通貨が世界中で注目を集め高騰しています。同じように企業などが資金調達の際に、株式ではなく『トークン』というものを発行して資金を調達する、ICOが盛んに行われるようになり活気づいています。ICOで資金を調達する企業は、これまで主流だったベンチャーキャピタルを大幅に上回るようになりました。

このような背景を受けて、国際的にICOに関する法的整備も進んで行くとみられ、ICOを希望しする企業がますます増えていくと予想されています。

企業がICOを希望する際の技術的な問題など、さまざまなサポートをワンストップで行う日本発のサービスとして、COMSA(コムサ)は大きな期待を集めています。

COMSA(コムサ)が注目される理由は?

COMSA(コムサ)の発表以来、先述したように1週間で事前登録者が3万人を超える注目ぶりで、9月13日現在で16万人を突破しています。企業のICOが国際的なスタンダードになることが予想され、COMSA(コムサ)に注目している仮想通貨の投資家も多いでしょう。

現在COMSA(コムサ)には非常に多くの注目が集まっていますが、その理由の一つはCOMSA(コムサ)から事前に発行されるトークン(CMS)にあります。このトークンはCOMSA(コムサ)で行われるICO案件への支払いが可能になり、さらにこのトークンは現在行われているプレセールで発行量が確定され、プレセール終了時点のトークン数が上限となります。

このトークンの所有者は、COMSA上のICO案件に対して5%以上のボーナスが付与される他、COMSAで上場されるICO案件のプレセールに招待されるという特典があります。

COMSA(コムサ)トークン プレセールの最低購入価格

話題沸騰中のCOMSAですが、プレセールは2017年9月20日14:00まで行われ、プレセールには最低購入価格が設定されているようです。その額なんと10万ドル以上・・・日本円に直して実に1,100万円以上ということになります。110万円ならともかく、価格変動の激しい仮想通貨の世界で、いきなり1,100万円を投資しようというのは、余剰金でプレセールに投資してみようかと思っていた人には、少しハードルが高いかもしれませんね。

2017年10月2日から開始される通常のトークンセールには、購入下限もないのでいくらからでも購入可能のようです。

注目度が高いCOMSAトークンは、今後需要が増して大きな利益を上げることが出来るかもしれません。おもいきってプレセールに参加するか、通常のトークンセールで購入するかは悩むところですね。

COMSA(コムサ)の登録方法

コムサ

下記リンク(COMSAの登録はこちら)をクリックすると上記画像の画面に移行します。赤枠で囲ってある部分にメールアドレスとパスワードを入力して登録ボタンをクリック。すると登録したメールアドレスに確認用のリンクが届きますので、リンクをクリックして登録を完了します。

COMSAの登録はこちら 

ZAIF(ザイフ)トークンでCOMSA(コムサ)トークンを購入

COMSA(コムサ)の開発元であるテックビューロが運営する、日本国内の仮想通貨取引所ZAIF(ザイフ)では、独自トークンのZAIFトークンを発行しています。このZAIFトークンを利用して、COMSA(コムサ)のトークンセールに参加することができます。

ZAIFトークン建てで、3000COMSA以上のトークンを購入すると、2%分のCOMSA(コムサ)トークンがボーナスとして付与されるようです。COMSA(コムサ)トークンに乗じてZAIFトークンの利用価値も上がりますね。

安心・安全の仮想通貨取引所 ザイフ(Zaif)

日本の3大仮想通貨取引所として人気のザイフ(Zaif)ですが、COMSA(コムサ)リリースの発表に伴って、ザイフ(Zaif)を利用する人も確実に増えていくでしょう。日本発祥の仮想通貨であるMONAコインを購入できて、取引手数料は驚きのマイナス0.01%。取引を行うと手数料がもらえるというのは、他の取引所にはない特徴がある取引所です。

COMSA(コムサ)への参加を検討している方や、MONAコインやNEM(XEM)を安い手数料で売買したい方は、ザイフ(Zaif)に登録しておきましょう!

Zaifの公式サイトはこちら

仮想通貨カテゴリの最新記事