BINANCE バイナンス

BINANCE バイナンス

BINANCE バイナンス

仮想通貨取引を始めるにあたり、取引所はどこがいいのかと色々と考えている人が多いと思います。BINANCE(バイナンス)は香港に拠点を置く中国の仮想通貨取引所です。

日本国内の仮想通貨取引所よりも取引手数料が安く、2017年12月には仮想通貨の取引高が世界最大を記録するなど、今とても注目度が高い仮想通貨取引所です。

BINANCE(バイナンス)で扱っている仮想通貨は約90種類

BINANCEに限ったことではないですが、海外の取引所は日本の取引所に比べて圧倒的に扱っている仮想通貨の種類が豊富です。国内の取引所で仮想通貨取引に慣れてくると、国内で取扱っている仮想通貨では物足りなく感じる人も多いでしょう。国内の取引所ではCoincheck(コインチェック)の13種類が最多です。BINANCEはコインチェックと比べると約7倍もの仮想通貨が上場されています。

国内未上場で注目度の高い仮想通貨

BINANCEではまだ日本国内の仮想通貨取引所に上場されていない話題の仮想通貨が多数上場されています。中でも注目度の高い仮想通貨を一部ピックアップしてみましょう。

  • Cardano(ADA)/カルダノエイダコイン
  • TRON(TRX)/トロン
  • Verge(XVG)/ヴァージ
  • IOTA(IOT)/アイオータ
  • OmiseGO(OMG)/オミセゴー
  • NEO(NEO)/ネオ
  • PowerLedger(POWR)/パワーレジャー

これらの仮想通貨は最近ネット上でよく話題になる仮想通貨で、それぞれ特徴なども異なります。いずれもBINANCEで活発に取引が行われており、価格が数十倍に跳ね上がることもあります。

現在BINANCEでは日本円での取引ができないので、日本の取引所などからビットコインやイーサリアムを送金して取引する必要があります。

空前の草コインブームの立役者

2017年は仮想通貨元年といわれたように、仮想通貨取引を新たに始めた人が一気に増えた1年でした。国内の取引所に申し込んでも、なかなか本人確認書類が届かないというようなことが多かったようです。

仮想通貨といえば誰もがまず思い浮かべるビットコイン(BTC)。時価総額・知名度・取引量No1を誇るビットコインは、まさにキング・オブ・仮想通貨といえるでしょう。

取引価格が1年で10倍以上に跳ね上がったビットコインに続けとばかりに、世界中で多種多様の仮想通貨が誕生しています。ICOで話題になった仮想通貨が取引所に上場されると、一気に価値が上がって取引価格が上昇します。

上場して間もない仮想通貨など、これから価値が上がるかどうかもわからないような仮想通貨は俗に『草コイン』と呼ばれます。まだあまり知られていない草コイン(仮想通貨)を一早く安い価格で購入しておいて、ビットコインのように価値が上がると多くの利益が得られます。

このような草コインは、ほとんど日本国内の仮想通貨取引所では扱われていないので、BINANCEのような大手海外取引所に口座を開設する人が殺到するという背景があります。

BINANCE(バイナンス)の日本語表記が終了

以前は日本語に対応していたのですが、2018年1月に突如BINANCEのサイトから日本語表記がなくなりました。日本では仮想通貨に対する法整備が進んでおり、仮想通貨取引所に対しての規制も厳しくなりつつあります。

日本国内で仮想通貨取引サービスを行うには、仮想通貨交換業者の登録をして金融庁の認定を受けなければなりません。こうした背景もあり、仮想通貨交換業者の登録をしていないBINANCEに対して日本の金融庁から日本語での表記を外すようにとの指示があったようです。

日本進出を積極的にアピールしていたBINANCEでしたが、多種多様の仮想通貨を扱うBINANCEが日本の金融庁の認定を受けられる可能性は低く、日本進出については白紙撤回されたようです。

日本語表記がなくなったことは残念ですが、BINANCEのサイトは軽快で使い勝手が良いです。国内の取引所でも、取引が殺到すると直ぐにサーバーがダウンしてしまうことも珍しくないですが、取引高が世界最大にもかかわらずBINANCEのサイトはとても安定感があります。

ある程度、仮想通貨の取引をした人は経験があると思いますが、絶好のタイミングだったのにサーバーがダウンしてしまって取引ができなかったという人もいるのではないでしょうか。そういう面でも取引所のサーバーが安定しているというのは重要です。

BNBトークンを使えば取引手数料がお得

仮想通貨を取引する上で気になる取引手数料。BINANCEでは独自のトークン(バイナンスコイン)『BNB』を発行しております。BINANCEは取引手数料が通常でも0.1%と安いですが、このバイナンスコイン(BNB)を使うことによってさらに半額の0.05%になります。

バイナンスコイン(BNB)は利用年数によって手数料が変動する仕組みなっていて、2年目以降は割引率が半分になってゆき、5年目になると割引がなくなります。割引が無くなっても0.1%の取引手数料ですから安いですよね。

BINANCE(バイナンス)では本人確認なしでも取引可能

Binanceではパスポートなどの本人確認書類がなくても簡単に登録できて、すぐに取引することが出来ます。この辺は人によって色々な解釈ができると思います。本人確認もしないで取引しても大丈夫?なんて思う人もいるでしょう。特に日本の場合はこういうことには厳格なので、信頼性に欠けると感じて二の足を踏む人もいるかもしれませんね。

ただし本人確認書類を提出していない場合は引出し限度額が設けられており、24時間の引出し限度額が2BTCまでしか出金できないようになっています。2BTCといったら結構な額(300万~400万)なので、普通に使う分には十分というか特に不便さもないように思います。

ちなみに本人確認書類を提示して確認が取れると24時間の引出限度額が100BTCになります。必要であれば本人確認をしておくといいと思います。

BINANCE(バイナンス)の登録方法

バイナンスの登録方法はとても簡単なので、数分で出来ると思います。※現在日本語には対応していないので、画像のように日本語での表記にはなっていません。

①まずはバイナンスのサイトにアクセスして右上の登録をクリック

BINANCE(バイナンス)の登録方法

②上から順に必要事項を記入して、確認事項にチェックを入れて『登録』をクリック

BINANCE(バイナンス)の登録方法 必要事項

③スライダーをドラッグしてパズルを合わせる

BINANCE(バイナンス)の登録方法 スライダー

④バイナンスから届いたメールを開いて「Verify Email」をクリック

BINANCE(バイナンス)の登録方法 メール確認

⑤この画面が出れば完了です。ログインして取引を開始できます

BINANCE(バイナンス)の登録方法 ログイン

二段階認証の設定

アカウント登録が完了したら、ログイン後すぐに表示されるアカウントページで二段階認証を設定しましょう。バイナンスではSMSとGoogle Authenticatorアプリを使った二段階認証設定が可能です。

Google Authenticatorは他の取引所の二段階認証でも使えるので、ぜひGoogle Authenticatorインストールしておくと便利です。今回はGoogle Authenticatorを使った二段階認証設定方法を説明します。

①Google検証をクリック

BINANCE(バイナンス)の登録方法 二段階認証

②Google AuthenticatorでQRコードを読み込む

BINANCE(バイナンス)の登録方法 QRコード
Google Authenticatorは左側に表示されているアプリストアからインストールできます。

③それぞれの欄に必要事項を入力

BINANCE(バイナンス)の登録方法 必要事項入力

④二段階認証の設定が完了

BINANCE(バイナンス)の登録方法 Google検証
※二段階認証の設定が完了すると設定した方のボタン部分が『無効』になる。今回はGoogle検証を設定したのでGoogle検証のボタン部分が『無効』になっています。

このようにとても簡単に2段階認証も設定できるので、ぜひ2段階認証の設定を済ませてセキュリティーを高めましょう。

バイナンス(BINANCE)の公式サイトはこちら

おすすめの国内仮想通貨取引所

BINANCE(バイナンス)では日本円による取引ができないので、まずは国内の取引所からビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を送金して取引する必要があります。これから仮想通貨を取引を始めるという人は、とりあえず国内三大取引所にアカウントを開設するといいでしょう。

おすすめの国内取引所 ザイフ(Zaif)

MONAコインやNEM(XEM)を安い手数料で売買したいならザイフ(Zaif)がおすすめ!

Zaifの公式サイトはこちら

おすすめの国内取引所 ビットフライヤー(bitFlyer)

高水準のレバレッジ取引 Lightning FX(ビットコイン FX)は高速かつ軽快!

bitFlyer公式サイトはこちら

送金はリップル(XRP)がおすすめ

BINANCEへの送金をビットコインですると現状では送金が詰まって何日もかかるような状態で、送金手数料も数千円になっています。ビットコイン程ではないですが、イーサリアムで送金しても時間がかかるようになってきています。

送金の手続きが完了したのに、いつまで経っても入金にならないというのはけっこう不安なものです。そこでBINANCEへ送金するおすすめの仮想通貨はリップル(XRP)です。

リップル(XRP)だと数分で送金が完了します。実際に送金すると実感するのですが、改めてリップル(XRP)の可能性を感じます。

リップル(XRP)の購入はbitbankがおすすめです

仮想通貨取引所カテゴリの最新記事