BITTREX ビットレックス

BITTREX ビットレックス

BITTREX ビットレックス

Bittrex(ビットレックス)はアメリカに拠点を置く世界最大級の仮想通貨取引所です。同じアメリカに拠点を置く『Poloniex(ポロニエックス)』と並び、海外2大取引所として有名です。

海外の取引所を利用しているほとんどの方は、BittrexとPoloniexのどちらかを、または両方を利用しているという方が多いのではないでしょうか。現時点で仮想通貨全体の取引量ではPoloniexに分がありますが、取り扱っているアルトコインの種類はBittrexの方が多く、世界トップクラスの取引量を誇っています。

Poloniexに比べて新規公開通貨の上場が早い傾向にあり、ビットコイン建てに限らずイーサリアム建てでも多くの仮想通貨を取引することができます。

Bittrex(ビットレックス)の特徴

日本の取引所に比べてBittrexやPoloniexのような海外の大手取引所は、扱う仮想通貨の種類が断然多いという特徴があります。その上BittrexではPoloniexでもまだ扱っていない仮想通貨もあるので、マイナーな仮想通貨に興味がある人にとっては必須の取引所として人気です。

2017年は仮想通貨元年といわれ、日本では改正資金決済法が施行されるなど法整備も進んでいます。そういった背景もあり、仮想通貨は世界的に注目されるようになり、ICO(initial Coin Offering)への参加者が激増しています。

ICOとは新規公開株のIPO(Initial Public Offering)にならったもので、これから新しい仮想通貨(暗号通貨)を発行するという時に、その仮想通貨の開発元が資金調達のために行う予約販売のようなもので、クラウドセールやプレセールなどともよばれています。

将来性がある仮想通貨を吟味して、ICOで大量購入する投資家も多く、注目が高いICOは購入者も多数となり、なかなか購入することができなくなってきています。つまりICOで将来値上がりしそうな仮想通貨を底値に近い安値で購入しておいて、Bittrexのような出来高を誇る大手の取引所への上場を機に、一気に値上がりするのを期待するわけです。

新規公開通貨の上場が早いというのは、仮想通貨の投資家からすると、それだけ大きなリターンが期待できる取引所ということになります。ICO通貨のようにまだあまり知られていない通貨は、Bittrexのような大きな取引所に上場するというのが一つの目標です。

ある程度取引量が安定した仮想通貨を扱う傾向があるPoloniexに比べ、新規公開通貨がいち早く購入できるというのはBittrexのメリットだといえます。

ハイリスクハイリターンのICO投資

ICOは大きなリターンを得られる可能性があり、相場が上昇した時には購入金額の数十倍にもなることがあるため、投資家にとっては非常に魅力的です。その反面、はじめから上場するつもりもなく、仮想通貨を開発しているように装って資金を集めようとする詐欺のようなICOがあるのも事実です。

投資にリスクはつきものですが、ICOでの投資は非常にリスクが高いといえます。

Bittrex(ビットレックス)の注意点

Bittrexのように扱う仮想通貨の種類が多く、新規公開通貨の上場が早いというのもメリットばかりではありません。仮想通貨の投資を始めて間もない方にとっては、種類が多過ぎてどの仮想通貨に投資すべきか迷ってしまうこともあるでしょう。まだまだ仮想通貨は玉石混交で、上場されても価値がでないまま取り扱いが終了してしまうものもあります。

また、Bittrexに限ったことではありませんが、基本的に海外の取引所は日本語表記に対応しておらず、サポートが必要な場合であっても、日本語でサポートを受けることはできません。ある程度の英語力があればなんとかなるかもしれませんが、海外の取引所を利用するには、やはり仮想通貨取引の基本的なことは理解している必要があるでしょう。

Poloniex同様Bittrexも日本円での入金には対応していないので、日本円でビットコインを買うことはできません。日本の取引所でビットコインなどを買ってからBittrexで取引を行うというのが一般的です。日本国内でもBittrexやPoloniexを利用する人はとても多くなってきました。しかし海外の取引所の利用は、仮想通貨の取引に慣れた上級者向きといえます。

海外の取引所でマイナーな通貨に先行投資する場合などは、なるべく少額から取引をはじめて、ある程度取引に慣れてから投資額を増やしていくというのが基本です。そうすることで、経験不足による損失も減らすことができるでしょう。

Bittrexの要点

  • Poloniex(ポロニエックス)と並ぶ、世界最大級の取引量を誇る取引所
  • 新規公開通貨の上場が早い
  • アルトコインの種類はPoloniex以上
  • 現時点では日本語表記に対応していない(2017年8月現在)
  • 日本円での入金には対応していない

まずは国内の取引所で取引を始めてみよう!

これから仮想通貨の取引を始めるという人は、まず日本の取引所である程度取引に慣れてからBittrexで取引を始めることをおすすめします。

安心・安全 国内の仮想通貨取引所

ザイフ(Zaif)

取引手数料が安く、これから仮想通貨での投資を考えている人や、仮想通貨取引に興味がある人は、とりあえず登録しておくことをおすすめします。「法定通貨と仮想通貨のトレード」と「仮想通貨同士のトレード」の両方を取り扱った日本初の取引所として知られる国内三大取引所の一つです。

毎月希望額のビットコイン(BTC)やNEM(XEM)、イーサリアム(ETH)が積み立てできるZaifコイン積立があるなど、独自のサービスでコアなファンが多い人気の取引所です。代表を務める朝山貴生さんは、日本でNEMのマーケティングや普及活動の責任者を担う「Director of NEM Japan」に就任しています。

ザイフはこちら

コインチェック(coincheck)

Bittrexに比べると少ないですが、日本国内では一番多くのアルトコインを扱っている取引所です。2017年8月現在で扱っている13種類の仮想通貨は、全て時価総額30位以内にランクインする主要な仮想通貨です。時価総額が高い主要なアルトコインに絞って取り扱っているというのは、仮想通貨の初心者にとっても安心感があります。

PCとスマホの両方に対応している取引画面もシンプルで見やすく、分かりやすくて使いやすいと国内1,2の人気を争う取引所です。ビットコイン以外にの仮想通貨にも興味があるという方には特におすすめの取引所です。ついに仮想通貨の取引高が国内No1になりました。

コインチェックはこちら

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットコインの取引量はNO.1で、名だたる大手企業が出資していることでも知られる国内最大手の仮想通貨取引所です。ビットコインに関するあらゆる取引を分かりやすく、また簡単にできるように様々なサービスを提供しています。

TVCMなどのプロモーション活動も積極的に行っているので知名度も高く、大手金融機関よりも強度の高いセキュリティ環境を実現している安全・安心の取引所として人気です。

ビットフライヤーはこちら

仮想通貨取引所カテゴリの最新記事