GMOコイン

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインは日本を代表するIT大手の一部上場企業、GMOグループが運営する仮想通貨販売所です。GMOグループは国内シェアNo.1のITインフラ事業を数多く提供しておりますが、IT事業で培った技術力を金融の方面にも生かして外国為替証拠金取引のFX(GMOクリック証券)においては5年連続でFX年間取引高が世界No.1となっています。

GMOコインは既に金融庁から仮想通貨交換業者として認可されており、サービスの利用者からすると信頼性や将来性という面でも安心感があるでしょう。

満を持して仮想通貨市場に参入した日本IT界の巨人、GMOグループが運営する仮想通貨販売所のGMOコインは、特に仮想通貨のFX取引を考えている人にとっては抑えておくべき販売所となりそうです。

GMOコインが取引所サービスの開始

2018年9月5日、GMOコインから取引所サービスの提供を開始したと公式なアナウンスがありました。現時点で対応する仮想通貨はビットコインのみですが、現物取引とレバレッジ取引を板形式で取引することが出来るようになりました。

もともとGMOコインは『取引所』がなく『販売所』として仮想通貨の売買を行っていました。『販売所』形式は表示価格ですぐに仮想通貨の売買ができるのはいいですが、手数料が割高になるなど正直あまりメリットを感じる人は少ないかもしれません。

今回GMOコインで取引所サービスの提供が開始されたことで利用者が増えるのではないでしょうか。取引所サービスの提供開始に伴い、これまでの「仮想通貨現物売買」の名称が「販売所」に変更になりました。

GMOコインの取扱い仮想通貨

GMOコイン取扱い仮想通貨

GMOコインの取扱い仮想通貨は現時点(2018/2/9現在)で上記画像の5種類となっています。今はまだそれほど多くはないですが、今後新たなアルトコインの取り扱いがあることに期待出来そうです。

GMOコインで取扱っている仮想通貨の種類
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

GMOコインはFX取引に強みがある

GMOコイン仮想通貨FX

FX取引サービスの最大手であるGMOグループにとってFX取引は得意分野といえます。FX取引を運用する上での実績や様々なノウハウを持ち合わせているので、仮想通貨のFX取引にも大きな強みがあるといえるでしょう。

仮想通貨のFX取引は他の仮想通貨取引所でも行っていて年々利用者が急増しています。利用者が多くなり過ぎて、大量に取引が殺到するような時にはサーバーに負荷がかかって、注文が通らなかったりする不具合が発生してしまうことがよくあります。

もともとGMOグループは国内トップシェアのITインフラ事業の開発や提供を数多く手掛けている企業です。ITインフラ事業で培った技術力と基盤がしっかりとあり、FX取引においても世界一の取引高を誇っています。

これは他の取引所にはないGMOコインならではの大きな強みです。ITインフラ系のサービスにおいて、完全にシステム障害などの不具合が発生しないということは無いと思いますが、不具合への耐性はとても高いと言えるでしょう。

GMOコイン『仮想通貨FX』の特徴

GMOコイン仮想通貨FXでは、最低0.01BTCから発注可能なので安心してFX取引を始めることが出来そうです。数百円からの少額取引ができるので、これから仮想通貨のFX取引に挑戦してみようと思っている人にとってGMOコインの仮想通貨FXは最適かもしれません。

ロスカットなどの取引手数料がすべて無料

注文価格が売値(Bid)と買値(Ask)を同時に提示する2wayプライス方式で表示されるので取引価格が明瞭で分かりやすく、レバレッジは5倍に設定されており新規注文(買建・売建)、決済注文、ロスカットなどの取引手数料がすべて無料です。

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』

またGMOコインでは高機能の仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』が無料で提供されています。

GMOコインビットレ君

9種類のテクニカル指標を備えた高性能のチャート機能が利用可能で、PCがない環境でもスマートフォンから快適にFXトレードができるので非常に利便性に優れています。

GMOコイン仮想通貨FX専用アプリ

レバレッジ手数料

GMOコインの仮想通貨FXではレバレッジ手数料が0.05%に設定されています。レバレッジ手数料とはニューヨーククローズをまたいで建玉を保有した場合の建玉の保管費用として徴収される手数料で、当取引日の終値から計算した評価価額に対し、建玉ごとに0.05%/日のレバレッジ手数料がかかります。

  • 買建玉レバレッジ手数料=買建数量×買値(終値)×0.05%
  • 売建玉レバレッジ手数料=売建数量×売値(終値)×0.05%

公式サイトに1BTCでニューヨーククローズを持ち越した場合の計算例が記載されているので転載しておきます。ニューヨーククローズとは、日本時間の朝7時(米国サマータイム中は日本時間の朝6時)になります。

計算例

例)1BTC×30万円×0.05%=150円。

アルトコインのレバレッジ取引は年内にも実装予定

現状レバレッジ取引ができるのはビットコインのみとなっておりますが、2018年以内にアルトコインのレバレッジ取引を提供する予定です。

GMOコイン仮想通貨FXまとめ
  • 最低0.01BTCから発注可能なので少額取引ができる
  • 取引価格は明瞭で分かりやすい2wayプライス方式
  • 新規注文(買建・売建)、決済注文、ロスカットなどの取引手数料がすべて無料
  • レバレッジは5倍
  • レバレッジ手数料は0.05%
  • 現時点で仮想通貨FXが可能なのはビットコインのみ
  • 仮想通貨FX専用の高機能アプリ『ビットレ君』がある

売買価格を固定する『レート確保時間』

仮想通貨の価格は頻繁に変動するため、仮想通貨の現物売買では注文レート(購入または売却ボタンを押した時のレート)と約定レート(注文が確定した時のレート)の価格が異なる場合があります。

GMOコインでは注文レートと約定レートの価格差を無くし、注文したレートで約定できるように、売却または購入ボタンを押してから6秒間だけ価格を固定する『レート確保時間』があります。

6秒以内に注文を確定しなかった場合、注文が無効となって再び注文画面に戻ります。ユーザーによっては嬉しいサービスですね。

お客様サポートが充実

仮想通貨取引所のお客様サポートというのはメールでの対応が普通ですが、GMOコインは電話やライブチャットで問い合わせることもできます。

ITサービスを熟知しているGMOグループならではの充実したお客様サポートはさすがです。

GMOコインの公式サイトはこちら

仮想通貨取引所カテゴリの最新記事