Poloniex ポロニエックス

Poloniex ポロニエックス

Poloniex ポロニエックス

『Poloniex(ポロニエックス)』は2014年に設立されたアメリカに拠点を置く世界最大級の仮想通貨取引所です。

海外の取引所というと仮想通貨の投資初心者には少々ハードルが高いイメージですが、日本国内でもPoloniexの利用者は多く“ポロ/Polo”の愛称で親しまれています。取り扱っているアルトコインの種類が豊富で、世界トップクラスの取引量を誇っています。

アルトコイン取引に最適

日本国内でも多くの利用者が取引を行う人気の秘密は、なんといっても取り扱う仮想通貨の種類が多いことだといえるでしょう。

国内の取引所ではcoincheck(コインチェック)が一番取り扱っている仮想通貨の種類が多いですが、Poloniexはコインチェックよりもさらに多種類の仮想通貨を扱っています。ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引に慣れてくると、もっと色んな仮想通貨に投資してみたいと思う人も多いでしょう。

国内の取引所では扱っていないアルトコインも多くあるので、色んな仮想通貨に分散投資したいと考えている人には最適の取引所です。これから人気がでそうな仮想通貨を、国内の取引所が扱う前にいち早く発見するという楽しみもあるのではないでしょうか。

アルトコインの売買手数料が安い

例えばビットコインの場合は、取引所を介して売り手と買い手のマッチングで市場の参加者同士が取引板を使って直接売買することができるので、売買手数料もそれほど高くなることはありません。しかしアルトコインを国内の取引所で売買する場合、基本的に取引所が運営している『販売所』を通じて売買する必要があります。

現在のところ、アルトコインは市場の参加者同士が取引板を使って直接取引をすることができないので、販売所(コインチェックなどの運営企業)を相手に売買することになります。個人同士が取引所で直接売買するのに比べて、販売所でアルトコインを購入す場合はあらかじめ割高な価格が設定されていることになり、手数料も数%かかるのが普通です。

それに比べてPoloniexでは、参加者同士が直接アルトコインを売買できるため、売買手数料は0.15%~0.25%とかなり安く取引することが可能です。流動性という観点からみても、世界最大級の取引所であるPoloniexには世界中から多数の人が集まっているので、取引が成立しやすいというメリットがあります。

Poloniexを利用する人の目的は、ビットコインとアルトコインの取引が基本だと思います。アルトコイントレードの選択肢が多く、アルトコインの売買を頻繁に行いたい人にはPoloniexはおすすめです。

Poloniexへの入金は日本円ではできないため、ビットコインなどの仮想通貨で入金することになりますが、仮想通貨での入金手数料は無料です(出金手数料は通貨によって異なります)

Poloniexのレンディングサービス

Poloniexでは通常の現物取引(Exchange)に加えて、信用取引(Margin Trading)ができます。さらにPoloniexには特徴的なレンディングサービスという独自サービスがあります。

レンディングサービスとは、信用取引を行うトレーダーに、自分の保有する仮想通貨を利子付きで貸す出すことが出来るサービスです。Poloniexが現物を貸し出すのではなく、ユーザー間で現物の貸し出しを行います。

このレンディングサービスを利用すれば、特に自分では何もしなくても仮想通貨を増やすことが可能となります。Poloniexのレンディングサービスはビットコイン(BTC)以外にもイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などの仮想通貨を貸し出すことができます。

Poloniex ポロニエックスの要点

  • 世界最大級の取引量を誇る海外(アメリカ)の取引所
  • 取り扱っているアルトコインの種類が豊富
  • アルトコインの売買手数料が安い
  • 自分の保有する仮想通貨を利子付きで貸す出すことが出来るレンディングサービスがある
  • 現時点では日本語表記に対応していない(2017年8月現在)

まずは国内の取引所で取引を始めてみよう!

Poloniexは海外の取引所ということもあり現時点ではまだ日本語表記には対応しておりません。Poloniexでいきなり海外取引所デビューといきたい人もいるかもしれませんが、日本円でビットコインを買うことはできないので、日本の取引所でビットコインなどを買ってからPoloniexで取引を行うというのが一般的です。

これから仮想通貨の取引を始めるという人は、まず日本の取引所である程度取引に慣れてからPoloniexで取引を始めた方がいいと思います。ブラウザの翻訳機能などを使って日本語表記にしても、仮想通貨の知識が乏しかったり、取引に慣れていないと基本的なことを理解するにも苦労してしまいます。

ある程度取引に慣れていればそれなりに知識もついてくるので、ブラウザの翻訳機能でも何となく取引に必要なことは理解できるようになると思います。最初は少し戸惑うこともあると思いますが、Poloniexはユーザーインターフェースも操作性に優れているので、国内の取引所で取引に慣れてからPoloniexを利用するという流れが一番です。

安心・安全 国内の仮想通貨取引所

ザイフ(Zaif)

取引手数料が安く、これから仮想通貨での投資を考えている人や、仮想通貨取引に興味がある人は、とりあえず登録しておくことをおすすめします。「法定通貨と仮想通貨のトレード」と「仮想通貨同士のトレード」の両方を取り扱った日本初の取引所として知られる国内三大取引所の一つです。

毎月希望額のビットコイン(BTC)やNEM(XEM)、イーサリアム(ETH)が積み立てできるZaifコイン積立があるなど、独自のサービスでコアなファンが多い人気の取引所です。代表を務める朝山貴生さんは、日本でNEMのマーケティングや普及活動の責任者を担う「Director of NEM Japan」に就任しています。

ザイフはこちら

コインチェック(coincheck)

日本国内では一番多くのアルトコインを扱っている取引所です。Poloniexに比べると少ないですが、2017年8月現在で扱っている13種類の仮想通貨は、全て時価総額30位以内にランクインする主要な仮想通貨です。アルトコインの種類が多くても、全ての仮想通貨に高い価値があるわけではないので、時価総額が高い主要なアルトコインに絞って取り扱っているというのは安心感もあります。

PCとスマホの両方に対応している取引画面もシンプルで見やすく、分かりやすくて使いやすいと国内1,2の人気を争う取引所です。ビットコイン以外にの仮想通貨にも興味があるという方には特におすすめの取引所です。ついに仮想通貨の取引高が国内No1になりました。

コインチェックはこちら

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットコインの取引量はNO.1で、名だたる大手企業が出資していることでも知られる国内最大手の仮想通貨取引所です。ビットコインに関するあらゆる取引を分かりやすく、また簡単にできるように様々なサービスを提供しています。
TVCMなどのプロモーション活動も積極的に行っているので知名度も高く、大手金融機関よりも強度の高いセキュリティ環境を実現している安全・安心の取引所として人気です。

ビットフライヤーはこちら

仮想通貨取引所カテゴリの最新記事