ビットシェアーズ BitSheres

ビットシェアーズ BitSheres

ビットシェアーズ BitSheres

BitSheres(ビットシェアーズ)とは『Openledger』という仮想通貨取引所のような役割を果たすプラットフォームを構築して、DAC(分散型自動化企業)の概念のもとに、さまざまなビジネスを自動的に成り立たせる仕組みとして注目されています。

2017年8月現在、まだ日本の仮想通貨取引所でBitSheresを扱っている所はありませんが、世界的にとても注目されている仮想通貨です。BitSheresの基軸通貨であるBTSの総発行上限枚数は37億BTSとなっており、最初に25億BTSが発行されて残りはマイニングの報酬などに使われるようです。

BitSheresはProof of Stakeを発展させたDelegated Proof of Stakeという取引承認システムが採用されています。ブロック生成間隔は約3秒といわれており、BTS保有者の投票によって取引の承認者が決定することになっています。

OpenLedger(オープンレジャー)

BitSheresの大きな特徴である『Openledger』は、オンラインウォレットも兼ねており、世界初の非中央集権的な取引所としてデンマークのCCEDKという取引所とBitSharesの開発チームにより開発されました。仮想通貨の世界では、基本的にブロックチェーン技術によって、非中央集権的に管理団体などが存在しなくても稼働するシステムとなっていますが、仮想通貨を取り扱っている取引所は特定の事業者によって管理されています。

BitSheresではOpenledgerというプラットフォームを構築して、取引所自体も稼働させてしまおうというわけです。そのため、通常の特定事業者が運営する取引所では、本人確認をする必要がありますが、特定の管理者が存在しない分散型の取引所であるOpenledgerを利用するにあたっては、本人確認をする必要がありません。

Openledgerというプラットフォームを兼ね備えたBitSheresでは、仮想通貨の売買やトレードがBitSheresの中で完結できることになり、BitSheresが注目される大きな特徴となっています。

OBITS(オービッツ)

OpenLedgerdeではOBITSというトークンを保有することで、OpenLedgerの利益をシェアすることができるようになります。OBITSという株式を購入して、OpenLedgerdeの株主になり配当を得るようなイメージをするとわかりやすいかもしれません。

OBITSはOpenLedgerネットワークによって得た100%の手数料によって、市場価格でbuy-back(買い戻し)が行われ、OBITS保有者に利益が分配される仕組みになっています。buy-backは毎月行われることになっているため、OBITSを長く保有して利益を得られる可能性があります。

buy-backによって買い戻されたOBITSは全て焼却(Burn)されることになっており、OBITSの総発行量18,276,898から徐々に減っていきます。そのことによってOBITSの希少価値が上がることが想定されるため、多くのOBITSを長く保有していれば、大きな利益を得られるかもしれません。

Rippleとの違い

BitSheresは似たような仕組みをもつRipple(リップル)と比較されることがあります。リップルは『ゲートウェイ』と呼ばれる独立した機関を通して取引をする必要があります。ゲートウェイはリップルネットワークの一部ではなく、あくまでも特定の事業者が運営している第三者機関です。

リップルでは、このゲートウェイが発行するIOUという電子借用書を介して取引が行われます。以前、リップルゲートウェイの「リップル・トレードジャパン」が破綻するという事態がおきましたが、ゲートウェイが破綻すると、通貨を預けて保有していたIOUは元の資産に戻すことが難しく、実質的に資産は失われることになります。しかしBitSheresでは、OpenLedgerという独自のプラットフォームで取引が完結できるため、ゲートウェイのような第三者期間の影響を受けることはありません。

ブロックチェーン技術を応用して独自のプラットフォームを構築しているという点では共通していますが、実質的な取引の仕組みは大きく異なるといえるでしょう。

BitSheresを扱う取引所

BitSharesの購入はOpenLedgerで行うことが一般的ですが、世界最大のアルトコイン取引所であるPoloniex(ポロニエックス)でも購入できます。今後BitSheresの仕組みを利用して、さまざまビジネスモデルが誕生することが期待されています。

BitSheres自体が取引所の役割も果たしているということもあり、日本の取引所が今後BitSheresをどのように扱かうのかはわかりませんが、BitSheresは今後ますます注目されることが予想されます。

ビットシェアーズ公式サイト

仮想通貨一覧カテゴリの最新記事