ダッシュ DASH

ダッシュ DASH

匿名性の高さと決済スピードが早いという特徴を持つDASH(ダッシュ)。公開当初はDarkcoin(ダークコイン)という名前の仮想通貨でしたが、2015年に現在のDASHに改名されました。

匿名性が高いという同じ性質の仮想通貨である、Zcash(ジーキャッシュ)やmonero(モネロ)と並んで人気の仮想通貨です。総発行上限枚数は2,200万DASHと決まっています。

ダークセンド

DASHの大きな特徴である匿名性は、Darksend(ダークセンド)といわれるトランザクション形式を採用することで実現されています。

ダークセンドの仕組みは、コインジョインという仕組みを採用して送金元を匿名化しています。同じ時間帯の送金依頼を一旦『管理ノード』でまとめてから、各送金先へ振り分けます。送金先と送金元の間に管理ノードを介することで、ブロックチェーン上に送金元アドレスを記録しない形での取引が可能になります。そのため送金元の追跡が不可能になり、高い匿名性が実現されるのです。

誰のコインが誰に送られたのかということがわからないようにしながら、送受信は正確に行われます。一方でこのような匿名性は、ダークマーケットといわれる闇市場での利用が指摘されていますが、技術的にみても今後さらに多くの需要が拡大していくと思われます。

インスタントセンド

もう一つの大きな特徴として、DASHの名前の由来にもなったといわれる取引スピードの早さがあげられます。例えばビットコインの場合、一回の取引にかかる時間が約10分といわれますが、DASHは4秒という速さで取引が完了します。この取引スピードを実現するのが、インスタンドセンド(Instant X)という即時決済の技術です。

DASHのネットワークに繋がっている多数の端末の中で、マスターノード(Masternode)と呼ばれる処理能力の高い端末を選択して、処理を一任する仕組みです。マスターノードネットワークに参加するには1,000DASH以上を保有していることや、端末を24時間稼働させていることが条件となり、条件に該当する端末の中からランダムに選ばれるようです。ビットコインのマイナーのように、マスターノードには報酬が与えられる仕組みになっています。

ビットコインの課題をクリア

ビットコインは約10分という承認時間がネックとなり、店頭決済などの手段としては課題も指摘されています。しかし承認作業が数秒で完了するのであれば、この課題はクリアされることになります。取引のスピードが早いというのは大きな武器になると考えれ、今後のDASHの可能性に注目が集まります。

仮想通貨一覧カテゴリの最新記事