イーサリアム・クラシック Ethereum Classic

イーサリアム・クラシック Ethereum Classic

ダオのハッキング事件で、本来禁じ手であるハードフォーク(互換性のないアップデート)を実行したイーサリアムの運営元。ハードフォークによって新しいルールを作り、ハッキングされたイーサリアムは使えないようにして解決を図ったのです。

これに反発する人たちが立ち上げたのがイーサリアム・クラシック(内部通貨はETC)。この中央管理的な介入はブロックチェーン本来の思想ではないと、ハッキングされたイーサリアムを別の通貨(イーサリアム・クラシック)として存続させたのです。

イーサリアムから派生した仮想通貨ということからも分かるように、この2つの仮想通貨は元が同じなので機能的にはイーサリアムと大きな違いはありません。イーサリアムより安全性を重視しているということもあり、仮想通貨自体の信頼性は高いですが、時価総額の面でいうと、現時点ではイーサリアムより少し下がります。

イーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)の復活

イーサリアム・クラシックは当初、イーサリアムの開発者コミュニティーから誰もやらないだろうと放置されていたこともあり、価値がほぼゼロに近かったといわれています。しかし世界最大の暗号通貨取引所「Poloniex」がイーサリアム・クラシックを扱い出したことで事態は一変します。

Poloniexに続けとばかりに、各国の主要な取引所でイーサリアム・クラシックの採用がアナウンスされ、価格は急騰していきます。こうしてイーサリアム・クラシックは見事に復活を遂げ、イーサリアムと主導権争いを繰り広げています。

Code is Lawを支持するイーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)

元々ブロックチェーンの思想とは、中央集権で誰かが管理するのではなく、分散して広く公平にみんなで管理することによって信用を担保するというものでした。これに対してイーサリアムの運営元は、ハードフォークという荒技でダオ事件以前の取引を無かったことにしようと、自分たちだけで決定してしまいます。取引履歴がチェーンのようにひと続きに繋がっているからこそ改ざんすることができず、それが信用につながっていたはずのブロックチェーンが、ハードフォークの実行によって枝分かれしてしまったのです。

これを機に新しく書き換えられたブロックチェーンにつながるイーサリアムが誕生し、二つが同時進行していきます。中央集権的な決め方を嫌い、本来のブロックチェーンの思想を支持するイーサリアム・クラシック派と、ダオ事件のような問題を解決するためにはハードフォークもやむなしとするイーサリアム派。

Code is Law(コードこそが法である)という理念の基に、ソースコードが最も正しいというブロックチェーン本来の思想を頑なに貫くイーサリアムクラシック。非中央集権で本来の分散型システムとしての理念を重視するコミュニティからの支持を集めています。

互いに影響を与え合うETHとETC

ハードフォークによって分裂したETHとETCですが、もともとは同じプロジェクトから生まれた仮想通貨です。機能的な部分などに大きな違いがないということもあり、良くも悪くも価格変動などの影響はお互いに与え合っているようです。今後もこの二つのイーサリアムの動向は注目されていくでしょう。

取引所によっては、ハードフォーク以前にETHを保有していた人に、新たな仮想通貨であるETCが同等数付与されたというのは、なんともうらやましい話ですね。

イーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)の購入

イーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)は安心・安全の国内取引所、ビットフライヤー(bitFlyer)で購入することができます。

ビットコイン以外の仮想通貨にも興味があるけど海外の取引所は何かと不安という方は、ビットフライヤー(bitFlyer)がおすすめです。

bitFlyer公式サイトはこちら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨一覧カテゴリの最新記事