イーサリアム Ethereum

イーサリアム Ethereum

イーサリアム

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)では、最も代表的な仮想通貨の一つといえるイーサリアム(Ethereum)。イーサリアムの内部通貨であるETH(イーサ)は、700種類以上あるといわれる仮想通貨の中でも、ビットコインに次ぐ第2位の時価総額の大きさです。(2017年8月現在)

ETH(イーサ)はビットコインと同じように円やドルと交換できますが、イーサリアムの本質は別のところにあります。

新しい試みを実現しようとするプラットフォームの総称

この時点で少し難しく感じる方もいると思いますが、イーサリアムという名称は仮想通貨自体の名称ではありません。イーサリアムプロジェクトというい名のもとに開発が進められている、分散型アプリケーション(DApps)やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの総称です。

ビットコインの場合、通貨の取引履歴はブロックチェーンと呼ばれる分散管理システム(分散型台帳技術)によって管理されています。このブロックチェーン技術を応用して、イーサリアムでは取引履歴に加えて契約の情報も付与して一元管理します。ここがビットコインとの大きな違いであり、イーサリアム一番の特徴です。

取引履歴と契約情報をまとめて管理

たとえば現実世界で車の売買をするとしましょう。車の売買は単にお金のやりとりだけではなく、所有者の名義変更が必要になるなど、代金のやり取り以外に必要な取り決めなどを示す、契約の情報を残しておかないといけません。車の代金は振り込んだものの、車の所有者名義は相手の名義のままだった・・なんてことになったら何かと問題です。

そこで取引に必要な名義変更などの手続きも契約情報に付与して、まとめて管理しようというのがイーサリアムのプラットフォームの考え方です。簡単にいうと、契約に必要な条件が満たされない場合には取引は行わないなど、取引に実行条件を設定しておくことができます。

従来では特定の機関を仲介して行われていた取引が、イーサリアムでは当事者同士で直接契約を結ぶことができます。これをスマートコントラクト(契約の条件確認や履行までを自動的にさせる仕組み)といいます。

ブロックチェーンを使えば、この車は以前誰が所有していて、誰に渡って現在まで引き継がれてきたのかが一目瞭然です。

アセット管理のプラットフォーム

将来的には株式や不動産など、さまざまなアセット(資産)管理のためのプラットフォームとしても、イーサリアムはとても注目度が高いといえます。契約情報を分散型台帳技術で管理して、手続きも自動化されれば余計な人の手を介さずに済むので、手数料なども必要なくなり低コストで取引することができます。

マイクロソフトのAzureプラットフォームにも導入されているように、マイクロソフトやJPモルガンなどの大企業との提携で信用が生まれ、企業での利用も益々広がって行くと思われます。

イーサリアム(Ethereum)の分裂

以前イーサリアムのプラットフォームから、自律分散型投資ファンドのダオ(The DAO)というプロジェクトが生まれました。ダオはベンチャー企業の成長に投資するベンチャーキャピタルの機能と、小口の出資者を募って資金を調達するクラウドファンディングの機能を併せ持っており、資金の移動を仮想通貨で行うという画期的な発想が大きな話題を呼びます。

ICOと呼ばれる新通貨の予約発行による資金調達では、50万ドルの応募に対して1.6億ドルの出資が集まります。イーサリアムのプラットフォーム上で稼働するダオトークン(代用通貨)を手に入れるには、先にイーサリアムの内部通貨イーサを買う必要があるので、イーサリアムの価格も一気に上昇しました。しかしアプリケーション層のバグなどによって、ダオがハッキングされるという事件が起きます。

このハッキングでは推定3600万イーサ(約75億円)という甚大な被害が発生しました。このときイーサリアムはハードフォークという手段で、そのハッキング自体を無効化することを決断します。しかしこの対応に納得しない人たちが、新たにイーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)というプロジェクトを立ち上げました。

これによりイーサリアムは、「イーサリアム」と「イーサリアムクラシック」という別の通貨(プロジェクト)に分かれています。

イーサリアム(Ethereum)の要点

  1. イーサリアムという名称は、仮想通貨の名前ではなくプラットフォームの総称
  2. 内部通貨のイーサ/ETHは、ビットコインと同様に円やドルと交換できる
  3. 取引履歴に加えて契約情報をまとめて管理できる
  4. ビットコインと同様に、取引所で売買したり、採掘に参加したりすることができる
  5. イーサリアム・クラシックとは別の通貨(プロジェクト)

イーサリアム(Ethereum)の入手方法

イーサリアムを入手するには、自分で購入するかマイニングするかになります。誰かくれる人がいるならもちろん貰うこともできます。マイニングについては、もはや個人で太刀打ちできるようなレベルではないため、やはり手っ取り早く確実にイーサリアムを入手するには取引所を介して購入するのが一番早いです。

仮想通貨の取引所は国内外に色々ありますが、いきなり海外の取引所で購入するにはハードルが高いと思いますので、これから仮想通貨を始めようという方は安心・安全の国内の取引所がおすすめです。

イーサリアム(Ethereum)が購入できるおすすめの国内取引所

ビットコインに次ぐ注目の仮想通貨だけあって、国内の主要な取引所はほとんどイーサリアムを扱っています。

イーサリアムが購入できる日本の三大取引所、Coincheck(コインチェック)、bitFlyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)の3カ所をピックアップしてみます。基本的に取引所で仮想通貨を購入するには、まず取引所にお金を入金して、その入金したお金で仮想通貨を購入するという流れになります。

コインチェック coincheck

まずはコインチェック。国内の取引所では取り扱う仮想通貨の種類が一番多く、取引画面も分かりやすくて使いやすいと好印象です。イーサリアム以外の仮想通貨にも興味がある方は、コインチェックがおすすめです。

コインチェックでの入金方法は以下の3つ。

  • 銀行振込
  • ペイジー入金
  • コンビニ入金
銀行振込

まずは一番スタンダードな銀行振り込み。この3つの入金方法の中では手数料が一番安く、銀行の振込手数料のみです。コインチェックでは海外在住者にありがたいUSドルでの入金も可能です。デメリットとしては、土・日や平日15時を過ぎてしまった場合、翌営業日の入金になってしまいます。

ペイジー入金

ペイジー決済は金融機関の営業時間に関係なく、24時間365日決済(入金)をすることが可能です。銀行の窓口に並ぶことなくATMから入金することができますし、インターネットバンキングを利用して、PCやスマホからでも入金ができるためとても利便性が高く、すぐに仮想通貨を購入したいという方にはおすすめです。

デメリットとしてはコインチェックの場合、入金手数料が3万円未満でも756円と高めです(3万円以上50万円未満の場合は1,000円になります)

コンビニ入金

近くのコンビニで入金したいという方や、インターネットバンキングはちょっと抵抗があるという方にはコンビニで入金することも可能です。最低購入価格は3,000円からとなっており、ローソン・ミニストップ・セイコーマート・ファミリーマートで利用可能です。

デメリットとしてはペイジー決済と同じ入金手数料がかかるのと、コンビニ決済の利用にはSMS(電話番号)認証と本人確認認証が必要になるので手間と時間がかかります。

コインチェックの公式サイトはこちら
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットフライヤー bitFlyer

名だたる大手企業が出資していることでも知られ、国内最大手の仮想通貨取引所であるビットフライヤー。TVCMなどのプロモーション活動も積極的に行っているので知名度も高く、大手金融機関よりも強度の高いセキュリティ環境を実現している安全・安心の取引所として人気です。

ビットフライヤーへの入金方法も、コインチェックと変わらず以下の3つになりますが、コインチェックに比べて手数料が安いというメリットがあります。

コインチェックでの入金方法は以下の3つ。

  • 銀行振込
  • ペイジー入金
  • コンビニ入金

各入金方法の特徴については同じですので、コインチェックとの違いのみを抜粋しておきます。

銀行振込
コインチェックとの違いは、現在のところUSドルでの入金はできません。
ペイジー入金
ビットフライヤーでは手数料が324円なので、コインチェックの手数料(756円)に比べてお得です。
コンビニ入金

コンビニからの入金は、1回につき30万円が上限となっており、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セイコーマートとなり、コインチェックで利用可能です。ペイジー決済同様、手数料が324円です。

ビットフライヤーの公式サイトはこちら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ザイフ Zaif

おすすめなのがザイフ。ザイフはこの中で唯一『取引所』形式でイーサリアムを購入できるので取引手数料が安いのが魅力です。『販売所』形式の場合、予め手数料が上乗せされた価格で購入することになるので、取引所と比べて少し割高になります。

ザイフでは積立型のコイン購入サービスがあり、イーサリアムの積み立てができます。相場の価格変動に関係なく一定額を買い付ける方法で、長期的に継続して保有していくことで、ローリスクで安定した収益を目指すためのものです。投機目的でハイリスクハイリターンを求めるのではなく、長期的な投資対象としてイーサリアムを保有して行きたいという人にはおすすめのサービスかもしれません。

ザイフでの入金方法は以下の3つ。

  • 銀行振込
  • ペイジー入金
  • コンビニ入金
銀行振込

Zaifで銀行振込する場合は事前に入金リクエストをする必要があります。詳しくはZaif おすすめの入金方法をご覧ください。

Zaifの口座は住信SBIネット銀行なので、住信SBIネット銀行同士であれば振込手数料は無料になります。デメリットとしては、土・日や平日15時を過ぎてしまった場合、翌営業日の入金になってしまいます。コインチェックとビットフライヤーも住信SBIネット銀行の口座がありますので、仮想通貨取引を始めるなら住信SBIネット銀行の口座を開設しておくと便利です。

ペイジー入金

ペイジー決済は金融機関の営業時間に関係なく、24時間365日決済(入金)をすることが可能です。銀行の窓口に並ぶことなくATMから入金することができますし、インターネットバンキングを利用して、PCやスマホからでも入金ができるためとても利便性が高く、すぐに仮想通貨を購入したいという方にはおすすめです。

コンビニ入金

近くのコンビニで入金したいという方や、インターネットバンキングはちょっと抵抗があるという方にはコンビニで入金することも可能です。最低購入価格は3,000円からとなっており、ローソン・ミニストップ・・サークルK・サンクス・セイコーマート・ファミリーマートで利用可能です。

Zaifの公式サイトはこちら

各取引所での入金手数料比較
入金手数料 コインチェック ビットフライヤー ザイフ
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
ペイジー入金 3万円未満 756円
3万円以上 1000円
324円 3万円未満 486円
3万円以上 594円
コンビニ入金 3万円未満 756円
3万円以上 1000円
324円 3万円未満 486円
3万円以上 594円

 

全体的な入金手数料だけでいうと、現在のところビットフライヤーがお得です。しかし先述したように取引所と同じ銀行口座からは振込手数料がかかりません。大金を預けておくのはおすすめしませんが、予めある程度の額を各取引所と同じ銀行口座から振込んで入金しておくとお得ですね。各取引所ともに少額から購入可能なので、イーサリアムを購入してみたいと考えている仮想通貨の投資初心者の方にもおすすめの取引所です。

Zaifの公式サイトはこちら

コインチェックの公式サイトはこちら
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットフライヤーの公式サイトはこちら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨一覧カテゴリの最新記事