モナコイン Monacoin

モナコイン Monacoin

モナコイン Monacoin

日本初の仮想通貨として誕生したモナコイン(Monacoin)またはモナーコイン。モナーは日本の匿名掲示板2ちゃんねるでよく用いられる、アスキーアートによるキャラクターの一種です。

Litecoinなどの採掘プール『2chpool』を運営していたワタナベ氏が、2013年にLitecoinをベースにして開発しました。モナコイン(Monacoin)は日本発祥の仮想通貨ということで、すべて日本語で説明されています。

モナコイン(Monacoin)の特徴

モナコイン(Monacoin)の通貨の単位は『Mona』で、発行量の上限は1億512万MONAです。Litecoinのようにトランザクションの時間(取引の処理時間)が早く、ブロックの生成時間は平均して約90秒ほどで、1ブロックにつき50MONAのBlock Reward(採掘者に対する報酬)が与えられます。

モナコイン(Monacoin)は2ちゃんねるを中心とした独自のコミュニティーで発展してきました。ユーザーによる様々なサービスの開発や、投げ銭(投げMONA)といって、ニコ動などで活動しているクリエイターにモナコイン(Monacoin)を送金する仕組み等、他の仮想通貨には見られない、コミュニティ主体で発展を続けている仮想通貨です。

モナコイン(Monacoin)の購入はザイフ(Zaif)

日本発祥の仮想通貨であるMONAコインを購入できて、取引手数料は驚きのマイナス0.01%。取引を行うと手数料がもらえるという他にはない嬉しい特徴で人気の取引所です。

MONAコインやNEM(XEM)を安い手数料で売買したい人にはザイフ(Zaif)がおすすめです。

ザイフの公式サイトはこちら

仮想通貨一覧カテゴリの最新記事