ネム NEM

ネム NEM

ネム NEM

NEM(ネム)はNew Economy Movement(新たな経済運動)の略称で、その名の通り仮想通貨(暗号通貨)による新しい経済圏の創出を目指して立ち上がったプロジェクトです。他のビットコイン2.0系のプラットフォームのものと同様に、NEMにも独自の基軸通貨XEM(ゼム)が存在します。

日本の仮想通貨取引所であるZaifの運営会社(テックビューロ)が、NEMの技術を基にしてプライベートブロックチェーンmijinを構築したということでも話題になりました。

NEM(ネム)のハーべスティング

NEM(ネム)は誰でも報酬がもらえる取引の仕組みを作り上げて、公平に富の分散化をはかることを原則としています。ビットコインなどにおけるマイニング(採掘)を、NEMではハーべスティング(収穫)というシステムで報酬(ネットワークの取引手数料)が得られるようになっています。

例えばビットコインのマイニングでは、膨大な計算力を持つ一部のマイニングプールに報酬が偏ってしまう傾向があります。それに対してNEMのハーべスティングは、ネットワークに貢献した全ての人が、平等に利益を得られる仕組みです。

XEMの総発行量は8,999,999,999XEMと決められていますが、既に発行済みで多くの投資家に分配されています。既に発行量が分配されているということでもお分かりの通り、NEMにはマイニングという概念がなく、ビットコインのようにマイニングの報酬として、新たなコインを得るというシステムではありません。

NEM(ネム)のコンセンサス・アルゴリズム PoI(Proof of importance)

ではハーべスティングを成功させて報酬を得るにはどうしたらいいのでしょうか。NEMではPoI(Proof of importance)という独自のコンセンサス・アルゴリズムを採用しております。

PoIは残高・取引回数・取引量などから総合的に判断されて、Importance(重要度)を表すPoIスコアが付けられるようになっております。このPoIスコアが高いほど、ハーベストに成功してXEM(報酬)が得られる確率が高くなる仕組みです。

XEMの取引が活発になるように、NEMのネットワークに貢献した人ほどPoIスコアが上がり、恩恵を受ける機会が増えるシステムです。NEMでは同じ取引を人工的に繰り返して、不正に利益を得られることが無いように設計されています。このことからも分かるように、NEMはセキュリティーを重視しているのが特徴で、悪意を持ったノードがネットワークに参加できないようにして、安全性の強化を図っています。

NEM(ネム)では独自トークンを発行できる

NEMでは『モザイク』という独自トークンを発行する機能があります。このモザイクを発行するためには、まずネームスペースというものを取得する必要があります。

ネームスペース(namespace)

NEMではネームスペースをホームページのドメインのようなものと定義しており、自分の好きなアドレスを登録してネームスペースを利用します。しかしドメインと同様に、ネムのネットワーク内ですでに利用されているネームスペースは利用できません。また、サブドメインのようなサブネームスペース(sub-namespace)を取得することができます。サブネームスペースは1つのネームスペースにつき最大2階層まで取得することができます。

1つのルートネームスペースに、.(ドット)区切りで2つのサブネームスペースを取得することができるので、ルートネームスペースと合わせて最大3レベルまで構成することができます。ルートのネームスペース名が異なれば、ブロックチェーン上での独自性が保たれるため、サブネームスペース名は重複しても大丈夫です。

モザイク(mosaic)

ネームスペースが取得できれば、独自トークンの発行が可能です。取得したネームスペース内に好きな名前をつけてトークンを発行します。

ネームスペースとモザイクの関係をNEMで例えると、NEMがネームスペースXEMがモザイクという関係性になります。

NEM(ネム)のNano Wallet(ナノ・ウォレット)

NEMでは仮想通貨を自分で管理するための公式ウォレットである、Nano Wallet(ナノ・ウォレット)を提供しております。これまでもNEMではNCC&NISなどのウォレットを提供していましたが、今後はこのNano Wallet(ナノ・ウォレット)の使用を推奨しております。

Nano Wallet(ナノ・ウォレット)はインストールする必要がなく、ブラウザ上で使うことができます。そのためフルノード系のNCC&NISに比べて動きが軽快です。また、画面もシンプルで日本語にも対応しているので、ユーザーにとってもありがたいですね。このような便利で使い勝手の良いアプリケーションを提供しているのもNEMの人気につながっているのかもしれません。

NEM(XEM)の購入はザイフ(Zaif)がおすすめ

NEM(XEM)の購入は国内の取引所Zaif(ザイフ)がおすすめです。NEM(XEM)の取引量は世界一を誇り、Zaifを運営している企業(テックビューロ)の代表である朝山さんは、NEM(ネム)の『Director of NEM Japan(日本におけるNEMディレクター)』に就任して、日本国内のNEMの普及活動の責任者として活躍されております。

NEM(XEM)を購入するならZaif(ザイフ)一択といってもいいでしょう。

Zaifの公式サイトはこちら

仮想通貨一覧カテゴリの最新記事