DEX(分散型取引所)と仮想通貨の未来

DEX(分散型取引所)と仮想通貨の未来

分散型取引所DEX

2018年に入り、国から厳しい規制の対象となっている既存の仮想通貨取引所に代わって、分散型の仮想通貨取引所、DEXに注目が集まっています。

次々とDEX関連のプロジェクトも立ち上がり、期待が高まるDEXと既存の取引所はどう違うのでしょうか?今回は分散型の仮想通貨取引所DEXと仮想通貨の未来について書いてみます。

分散型取引所 DEXデックスとは

DEXとはDecentralizen Exchangeの略で分散型の取引所を意味しています。国内にも仮想通貨の取引所はいくつもありますが、bitFlyerやzaifなどの取引所は特定の企業によって管理・運営されている中央集権型の取引所に分類されます。

それに対してDEXはブロックチェーン上に存在しているため、中央で管理する運営主体を必要としません。特定の管理者(取引所)が顧客の情報や資産を管理するのではなく、顧客自身が資産やパスワードなどの情報を管理して、直接個人間(P2P)で取引が行われます。

資産を取引所に預けることはないので、コインチェックやマウントゴックス事件のように、取引所に預けていた資産が盗まれたりすることはありません。また、取引所のシステムダウンや破綻リスクもありません。

非中央集権的な仮想通貨本来の思想で利用できるるDEXですが、現在はまだDEXの利用者は少ないので、流動性が低く手数料も高いなどの問題もあります。

中央集権型の取引所が抱える問題を解消するためのシステムとして期待されるDEX。DEXならではの問題をいかに解消するかがDEX普及のポイントといえそうです。

中央集権型の仮想通貨取引所の現状

2017年は多くの仮想通貨取引所がTVCMでアピールしたり、ネットニュースでも連日のように仮想通貨関連の話題を取り上げていたのを思い出します。国も世界に先駆けて仮想通貨関係の法整備に着手するなど、2017年は正に仮想通貨元年に相応しい盛り上がりを見せていました。

しかしコインチェックでのNEM流出事件以降、仮想通貨を取り巻く環境は大きく変わりました。中央集権型の仮想通貨取引所は規制の対象として国からの締め付けが厳しくなり、去年とは一転して自粛ムードと規制にがんじがらめになっているといってもいいでしょう。

このような状況は国の規制に捉われないDEXにとっては追い風となり、DEXの普及が加速するかもしれません。

DEXが注目される理由

そもそも仮想通貨は非中央集権的な発想から誕生し、ブロックチェーン技術は進化を続けています。最初から中央集権型の取引所ではなく、DEXで仮想通貨の取引を行う方が自然だったのでは・・と感じる人も多いと思いのではないでしょうか。

ではなぜ今になってDEXが注目されるようになったのでしょうか?もともと仮想通貨同士をやりとりするだけなら取引所は必要ありません。中央集権型の取引所が普及した一番の要因は「法定通貨」と「仮想通貨」の取引にあるといっていいでしょう。

基本的にDEXではプラットフォーム上の独自トークンが基軸通貨になるので、中央集権型の取引所のように「法定通貨」と「仮想通貨」を手っ取り早く交換するには不向きです。

投機目的で仮想通貨の取引をする人にとっては、仮想通貨の利便性などよりも現実空間の「資産」を増やすのが最も重要です。つまり現金(法定通貨)を増やすことが目的なので、デジタルデータに過ぎない仮想通貨を、円やドルなどの法定通貨と手っ取り早く交換できる中央集権型の取引所は、投機目的で仮想通貨取引をする人にとっては欠かせないインフラとなって急成長しました。

しかし先述したようにNEM流出事件が引き金となり、国は仮想通貨取引所への規制を強めており、仮想通貨の相場も下降の一途を辿っているといってもいいでしょう。

このような状況において、外圧の影響に左右されないDEXへの期待が高まるのは当然なのかもしれません。また、DEXならではの問題を解消するために必要な技術的なアプローチも実を結びつつあることが、ここに来てDEXへ注目が集る要因になっているのではないでしょうか。

仮想通貨の未来は

仮想通貨を保有する目的は人によって違うと思いますが、現時点では投機や投資目的で仮想通貨を保有している人が大半だといわれています。

目的はどうであれ、今後仮想通貨はどのように利用されていくのでしょうか?よく「仮想通貨は法定通貨の代わりにはならない」、「現実世界では使えない」などの意見を聞くことが多いと思います。実際に仮想通貨に興味を持っている多くの人の関心は、そのようなことなのかもしれません。

このような問題を考えるには、まず「仮想通貨」か「法定通貨」かという二元論的な発想はしない方がいいかもしれません。世界中にインターネットが発達した現代において、「リアル(現実)」か「ヴァーチャル(仮想)」かのような発想は、あまり意味がありません。

今では多くの人がリアル店舗である近所のスーパーやコンビニでも買い物をするし、ネット上の仮想空間に存在しているアマゾンなどのECでも当たり前に買い物をしています。既にリアルかバーチャルかなどと意識する人はほとんどいないと思いますが、どちらも現実の世界で共存しているのです。

仮想通貨も同じように法定通貨と共存していくのではないでしょうか。ただしばらくは使う場所や用途は異なり、仮想通貨は独自の経済圏が発達して利用されていくのだと思います。中央集権型の取引所とDEX(分散型の取引所)はクロスオーバーしていき、仮想通貨の取引所も進化を続けていくでしょう。

IT技術の進化は既存の物や既成概念を、テクノロジーの力によって目まぐるしく革新しています。その最たるものともいえる仮想通貨を一般の人が理解するには、まだ少しハードルが高いかもしれません。

仮想通貨の技術的なことはさておき、仮想通貨を理解するには「仮想通貨」か「法定通貨」かという考え方ではなく、全く別の物として考えると理解しやすくなり、仮想通貨の未来もぼんやり見えてくるようになると思います。

ニュースカテゴリの最新記事