大手旅行代理店のH.I.Sがビットコイン決済を開始

大手旅行代理店のH.I.Sがビットコイン決済を開始

国内大手旅行代理店のH.I.Sが、一部の店舗でビットコインでの決済に対応するようです。今回の発表には、国内最大の仮想通貨取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)から、H.I.Sに対してビットコインによる決済サービスの提供を平成29年9月23日(土)より開始すると発表されています。

この決済サービスは新宿本社営業所でのみ9月21日から先行導入されて、23日からは都内38店舗でのサービス開始となるようです。ビットコインの決済システム導入店舗は以下の、H.I.S.の首都圏内旗艦店9拠点38店舗になります。

  • 新宿本社営業所(15店舗)
  • 渋谷本店(3店舗)
  • 銀座本店(6店舗)
  • 丸の内本店(3店舗)
  • 池袋本店(2店舗)
  • Hawaii 新宿三丁目(2店舗)
  • 銀座コア営業所
  • 六本木営業所
  • H.I.S.旅と本と珈琲とOmotesando 営業所(5店舗)

決済については、1会計につき200万円相当のビットコインが上限のようで、bitFlyerウォレット以外でも決済可能(一部ウォレットを除く)となっています。

また、今回のビットコイン決済を記念したキャンペーンが行われ、新宿本社営業所にて9月23日(土)から販売されるビットコイン決済限定商品をご購入の方、先着で10名の方に5,000円分のビットコインがプレゼントされるようです(bitFlyerウォレットで決済した9月21日(木)付けの予約限定)

国内でも徐々にビットコイン決済が利用できる店舗が増えてきましたが、いよいよ旅行代理店でもビットコイン決済の導入が開始されることになりました。

仮想通貨カテゴリの最新記事