マクドナルドがMacCoin(マックコイン)を発行

マクドナルドがMacCoin(マックコイン)を発行

maccoin

マクドナルド(McDonald’s)は、ビッグマックの50周年を記念して、ビッグマックと交換できる仮想通貨「MacCoin(マックコイン)」を配布すると発表しました。

ビッグマックと交換できる仮想通貨「MacCoin(マックコイン)」

MacCoin(マックコイン)はビッグマックを購入すると貰えて、ビックマックと無料で交換することができます(2018年末まで利用可能)。MacCoin(マックコイン)は、米国内の14,000店舗や世界50カ国以上の店舗で620万枚の配布を予定していますが、残念ながら日本での配布予定はないようです。

アメリカではスターバックスなどの世界的に有名な大手チェーンも、将来的に仮想通貨決済の導入を計画していると公表しており、日本でも楽天グループが楽天コインの開発を進めています。

今後このような流れが世界的にどんどん広がって、近い将来仮想通貨が身近に感じられる日がやってくるかもしれませんね。

ニュースカテゴリの最新記事