モナコイン(Monacoin)でセルフィッシュマイニング攻撃が発生

モナコイン(Monacoin)でセルフィッシュマイニング攻撃が発生

モナコイン

国内発祥の仮想通貨として知られるモナコイン(Monacoin)のブロックチェーンが攻撃を受けました。Block Withholding Attackと呼ばれる今回の攻撃は、PoWを採用しているパブリックブロックチェーンで懸念されていたマイナー(採掘者)による攻撃で、セルフィッシュマイニングとも呼ばれます。

今回の被害はブロックチェーンがネットワーク参加者の合意を得ずに書き換えられた初の事例となり、モナコイン(Monacoin)を扱っている取引所では、入金受付の一次停止などの対応が行われています。

現実に起こったSelfish Mining

本来ブロックチェーンは鎖のように一連に繋がった取引データを、ネットワーク参加者が共有することで改ざんが難しいとされています。

通常マイナーはブロックを採掘すると、すぐにネットワーク上の全ノードにブロードキャスト(データを不特定多数に同時に送信する)します。しかし、マイナーがとても大きなハッシュパワーを持っている場合など、あえてブロードキャストはせずに、マイナーはそのまま自身のブロックを採掘し続けるとします。

この時、ある時点からブロックチェーンは分岐した状態になり、ハッシュパワーに勝るマイナーが採掘し続けたブロックチェーンの方が長くなっていきます。PoWを採用しているブロックチェーンのルールでは、ブロックチェーンが分岐した場合、長く続いているチェーンが正当なチェーンとみなされることになっています。これをre-organization(ブロックの再編成)と呼びます。

マイナー(攻撃者)はこのルールを悪用して、ブロードキャストせずにブロックを採掘し続けている間に、取引所にコインを送金します。そしてすぐに別のコインと交換して出金してしまいます。その後、マイナー(攻撃者)は密かに採掘し続けて長くしたブロックチェーンをブロードキャストすると、攻撃者のブロックチェーンが正当とみなされて、分岐したもう一方のチェーンは消滅します。

取引データが攻撃者によって書き換えられたブロックチェーンに変わるということは、本来あるはずのコインが取引所から消えてなくなることを意味します。今回はモナコインのブロックチェーンでこの攻撃が行われ、Livecoinという取引所が日本円にして約1,000万円の被害を受けたそうです。

被害額以上に大きなインパクト

被害額が約1,000万円というと、仮想通貨のハッキング被害ではあまり大きく感じないかもしれません。しかし今回の攻撃の深刻性は被害額以上に大きなインパクトがあります。

国内ではコインチェックでのNEM流出事件が記憶に新しいですが、これまで攻撃の対象は取引所だったのに対し、被害を被ったのは取引所ですが、今回はブロックチェーンそのものが攻撃を受けました。改ざんが非常に困難だったはずの、仮想通貨の根幹システムが攻撃されたとういう初の重大インシデントといえます。

『Proof of Work』を採用している以上、一定の人が膨大なハッシュパワーを持ってしまった場合このような攻撃が起こりえるとされていましたが、仮想通貨の根幹を揺るがす深刻な事態に直面し、仮想通貨に携わる関係者の間では更なる議論が行われていくことになりそうです。

ニュースカテゴリの最新記事