厳選!おすすめの仮想通貨取引所

厳選!おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の国内取引所のTVCMが放送されるなど、仮想通貨が大きく注目されるようになりました。仮想通貨の取引を始めるにあたり、どこの取引所がいいのかと考えている人も多いと思います。

そこで今回は国内の仮想通貨取引所、Zaif(ザイフ)ビットフライヤー(bitFlyer)ビットバンク(bitbank)を中心に、いろいろな用途に合わせて利用する場合に最適な仮想通貨取引所を厳選してみます。

手数料で選ぶ仮想通貨取引所

仮想通貨取引をするにあたり気になる取引手数料。まずビットコインの取引手数料はビットフライヤーが0.01% ~ 0.15%となっておりますが、コインチェックとビットバンクについては無料です。しかしザイフではBTC/JPYに限り、取引手数料がマイナス(maker-0.05% taker-0.01%)になっており、取引すると手数料が貰えるという嬉しいことになっております。

アルトコインについては種類によっても各取引所で手数料が変わってくるのですが、ビットバンクではアルトコインも無料で取引できます。アルトコインの種類は多くはないですが、頻繁にアルトコイン取引をする人にはおすすめです。

※手数料は変更される場合があります。取引の際には各取引所のサイトで最新の手数料を確認して下さい。

各取引所手数料

ビットコイン(BTC)の取引で選ぶ仮想通貨取引所

ビットコイン(BTC)については各取引所で板取引が可能です。仮想通貨取引所でビットコイン取引をメインにする場合、取引所によって取引量が異なります。そのため取引所によって価格差が生じ、売買価格が異なるので、なるべく流動性が高い(取引量が多い)取引所を選ぶのがおすすめです。

安く買って高く売るのが基本なので、ビットコインの場合はどこか1つの取引所に絞らず、複数の取引所の価格を比べてアービトラージ(取引所によって生じる価格差を利用して利益を出す)を狙うのもいいでしょう。

ビットコイン取引でおすすめの国内取引所
  • ビットフライヤー(bitFlyer)
  • ビットバンク(bitbank)
  • ザイフ(Zaif)

ビットコイン取引なら取引量・ユーザー数が多いビットフライヤー(bitFlyer)がおすすめです。ビットコインFX(Lightning FX)など、ある程度大きな額の取引にも最適です。

bitFlyer公式サイトはこちら

アルトコインの銘柄で選ぶ仮想通貨取引所

アルトコインの場合、取引所によって扱っているアルトコインの種類や販売形式が異なります。そのため目的のアルトコインによって取引所を選択するのがいいでしょう。アルトコインの場合、国内の取引所に比べて海外の取引所の方が圧倒的に種類が豊富です。

しかし海外の取引所は基本的に日本円での取引ができないので、国内の取引所でビットコインなどを購入してから海外の取引所に送金して取引する必要があります。そこでまずは国内の取引所で扱っているアルトコインに絞って選んでみましょう。

イーサリアム/Ethereum(ETH)

イーサリアム

まずはイーサリアム(ETH)。ビットコインに次ぐ時価総額の高さで知名度も抜群のアルトコインなので、国内外ほとんどの仮想通貨取引所で取引することができますが、取引所によって売買方式が異なります。

イーサリアム/Ethereum(ETH) 各取引所の売買形式
  • Zaif(ザイフ)/円とBTCによる板取引が可能
  • ビットバンク(bitbank)/BTCによる板取引
  • ビットフライヤー(bitFlyer)/BTCによる板取引(bitFlyer Lightning)と販売所形式
  • コインチェック(Coincheck)/販売所形式

この中でおすすめなのがZaif(ザイフ)。Zaifでは扱っている全ての仮想通貨が指値取引(板取引)できて、日本円でもビットコインでも取引可能です。

ビットフライヤー(bitFlyer)とビットバンク(bitbank)でもイーサリアム(ETH)の板取引が可能ですが、どちらもビットコイン建(ビットコインでイーサリアムを購入)での取引になります。Zaif(ザイフ)ではイーサリアムと日本円の取引ができるというのがポイントです。

コインチェックは販売所形式なので手数料は割高ですが、アルトコイン自体の価格が必ずしも板取引よりも高くなるというわけではありません。またスマホアプリからすぐ購入したい場合なども、アルトコインの種類が国内No1のコインチェックはおすすめです。

Zaifの公式サイトはこちら

リップル/Ripple(XRP)

イーサリアムと時価総額を争う人気のリップル(XRP)。2017年に価格が高騰した注目度の高いアルトコインです。リップル(XRP)を扱っている国内の取引所は増えてきましたが、各取引所の売買形式は異なります。

リップル/Ripple(XRP) 各取引所の売買形式
  • ビットバンク(bitbank)/取引所形式(円による板取引が可能)
  • コインチェック(Coincheck)/販売所形式
  • GMOコイン/販売所形式
  • DMM Bitcoin/FX取引
  • QUOINEX(コインエクスチェンジ)/取引所形式

この中で日本円とXRPを指値取引できる取引所はビットバンクのみなので、他の取引所に比べて手数料が安くすみます。現在ビットバンクでは取り扱っている全通貨ペアの取引手数料が、完全無料のキャンペーン中です!

リップル(XRP)はアルトコインの中でも特に人気が高いですが、ビットバンクは世界的に見てもXRPの取引高が高く、もちろん日本国内ではNo1です。

また、2018年3月にはリップル(XRP)のマルチシグ対応も完了しており、セキュリティ面でみてもビットバンク(bitbank)は安心できます。

国内の取引所でリップル(XRP)を売買するならbitbank(ビットバンク)一択といってもいいでしょう。

※Coincheck(コインチェック)からbitbank(ビットバンク)にXRP(リップル)を送る方法はこちらを参考にして下さい。

bitbankの公式サイトはこちら

ネム/NEM(XEM)

ネム(XEN)も2017年に価格が高騰した注目のアルトコインです。ネム(XEN)が購入できる国内の取引所はZaif(ザイフ)とコインチェック(Coincheck)ですが、ネム(XEM)の購入に関してはZaif(ザイフ)一択でいいでしょう。

ネム/NEM(XEM) 各取引所の売買形式
  • Zaif(ザイフ)/円とBTCによる板取引が可能
  • コインチェック(Coincheck)/販売所形式

Zaif(ザイフ)を運営しているテックビューロ株式会社の代表である朝山さんは、NEM(ネム)の『Director of NEM Japan(日本におけるNEMディレクター)』に就任して、日本国内におけるNEMの普及活動の責任者として活躍されており、ネム(XEM)保有者の多くがZaifに集まって取引が活発に行われております。

Zaifの公式サイトはこちら

ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BCH)

ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BCH)

ビットコインからスピンオフした最初のアルトコインとして注目されるビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BCH)。2017年はビットコインから派生するアルトコインが目立ちましたが、現在のところビットコインキャッシュ(BCH)以外は国内の取引所に上場しておりません。

ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BCH) 各取引所の売買形式
  • Zaif(ザイフ)/円とBTCによる板取引が可能
  • ビットバンク(bitbank)/円とBTCによる板取引が可能
  • ビットフライヤー(bitFlyer)/BTCによる板取引(bitFlyer Lightning)と販売所形式
  • コインチェック(Coincheck)/販売所形式

Zaifとbitbankが板取引できるのでおすすめです。スマホアプリからすぐ購入したい場合はコインチェックがおすすめです。

Zaifの公式サイトはこちら

bitbankの公式サイトはこちら

コインチェックの公式サイトはこちら

ライトコイン/Litecoin(LTC)

第二のビットコインとして誕生したライトコイン(LTC)。ビットコインが『金』ならライトコインは『銀』というコンセプトで開発されました。その後ビットコインから分岐したビットコインキャッシュの誕生もあり、少し影が薄くなった印象もありますが、まだまだ人気のアルトコインんです。

ライトコイン/Litecoin(LTC) 各取引所の売買形式
  • コインチェック(Coincheck)/販売所形式
  • ビットバンク(bitbank)/BTCによる板取引が可能
  • ビットフライヤー(bitFlyer)/販売所形式

板取引ができるビットバンクがおすすめですが、ビットコイン建て(BTC)による板取引なので、手っ取り早く円で取引したいならコインチェックかビットフライヤーになります。

bitbankの公式サイトはこちら

コインチェックの公式サイトはこちら

bitFlyer公式サイトはこちら

モナーコイン/Monacoin(MONA)

モナーコイン

モナーコイン(またはモナコイン)は日本生まれの仮想通貨として人気のアルトコインです。国内における仮想通貨の経済的な需要を上げるためにも是非頑張ってもらいたいアルトコインです。

モナーコイン/Monacoin(MONA) 各取引所の売買形式
  • Zaif(ザイフ)/円とBTCによる板取引が可能
  • ビットバンク(bitbank)/円とBTCによる板取引が可能
  • ビットフライヤー(bitFlyer)/販売所形式

モナコイン(MONA)はザイフかビットバンクの二択でいいでしょう。

bitbankの公式サイトはこちら

Zaifの公式サイトはこちら

Coincheck(コインチェック)でしか購入できない注目のアルトコイン

コインチェックでは国内の他の取引所では扱っていない注目のアルトコインが多数上場されています。ここまで紹介してきたアルトコイン以外でコインチェックに上場されている注目のアルトコインを掲載しておきます。

国内ではコインチェックのみで扱われている注目のアルトコイン(2018年1月現在)
2018年4月6日、コインチェックはマネックスグループの完全子会社化になることが発表され、新経営体制で再出発することになりました。NEMの不正流出事件以降、コインチェックを取り巻く環境は大きく変わり、多くのユーザーがコインチェックから離れていったことでしょう。マネックスグループとなったコインチェックの今後に注目です。

コインチェックの公式サイトはこちら

草コイン投資で選ぶ仮想通貨取引所

草コイン

仮想通貨取引の需要が急激に増えて、最近ではいわゆる『草コイン』に投資する人が増えています。草コイン投資をするなら海外の取引所にアカウントを登録する必要があります。

基本的に国内の取引所は、ある程度時価総額と知名度が高くなったアルトコインが上場される傾向にあり、時価が低い草コインが上場されることはほぼありません。

そこでおすすめの海外の取引所はバイナンス(BINANCE)。海外にはバイナンス以外にも草コインを豊富に扱っている取引所がたくさんありますが、登録も簡単で日本語にも対応しているなどの面から判断してもバイナンスはおすすめです。

バイナンス(BINANCE)の公式サイトはこちら

ビットコインのFX取引で選ぶ仮想通貨取引所

ビットフライヤーのビットコインFX(Lightning FX)がおすすめです。Lightning(ライトニング)という名の通り、取引スピードは高速かつ軽快で高水準のビットコイン取引環境を実感できます。国内のビットコイン取引の大半はこのLightning FXによるもので、圧倒的な取引量です。

Lightning FXでは最大15倍のレバレッジを効かせて取引することができます。レバレッジのメリットは、なんといっても少ない証拠金でも大きなリターンが期待できるとこですが、ハイリスクハイリターンな取引になります。その場の感情に流されず、余剰資金の範囲内でリスクコントロールをしながら効率の良い取引を心がけましょう。

bitFlyer公式サイトはこちら

トークン売買で選ぶ仮想通貨取引所

仮想通貨投資に慣れてくると、仮想通貨の知識も増えてトークンにも投資したいと思う人もいるでしょう。仮想通貨の需要拡大と共にICOが注目されており、トークンに投資する人が増えています。

Zaif(ザイフ)はトークンの取引に積極的な取引所として知られており、多数のトークンを取り扱っています。トークンにも興味があるならザイフは必須の取引所です。

Zaifの公式サイトはこちら

仮想通貨取引所それぞれのメリット・デメリット

今回厳選したZaif(ザイフ)ビットフライヤー(bitFlyer)ビットバンク(bitbank)バイナンス(BINANCE)Coincheck(コインチェック)の、メリットとデメリットを簡単にまとめてみます。

Zaif(ザイフ)のメリット・デメリット

メリット

Zaif(ザイフ)のメリットは何といっても扱っている全ての仮想通貨で板取引ができるところでしょう。しかも全て日本円との取引とビットコインとの取引に対応しています。Zaifは国内で唯一、トークンの売買もできます。

また、ザイフには低リスクで仮想通貨を増やすことができる、積立型のコイン購入サービス(Zaifコイン積立)があります。Zaifコイン積立は、相場の価格変動に関係なく一定額を買い付ける方法で、長期的に継続して保有していくことで、ローリスクで安定した収益を目指すためのもので、少額から始められます。

投機目的でハイリスクハイリターンを求めるのではなく、長期的な投資対象として仮想通貨を保有して行きたいという人にはおすすめのサービスです。

デメリット

取引が殺到すると頻繁にシステム障害が起きてサーバーがダウンしてしまいます。これについては、徐々に改善していくと思いますが、早急に対応してほしいところです。

Zaifの公式サイトはこちら

ビットフライヤー(bitFlyer)のメリット・デメリット

メリット

取引量・ユーザー数・資本金、共に国内No1。また不正な日本円出金が発生した場合の補償制度があるなど、国内最大手の取引所という安心感があり、ビットコインFX(Lightning FX)など、ある程度大きな額の取引をしたい人にとっては最適の取引所です。

仮想通貨取引所といえば常にハッキング被害の心配がありますが、大手金融機関よりも強度の高いセキュリティ環境を実現している点も含め、取引所自体の経営基盤がしっかりしているのは何よりの好材料です。国内ビットコイン取引の大半を占めるビットコインFX(Lightning FX)が選ばれてるのも納得できます。

デメリット

アルトコインを購入したい場合、ビットフライヤーでは基本的に販売所形式となるので手数料が高めです。また、アルトコインの種類も少ないのでアルトコイン取引には向いていません。

bitFlyer公式サイトはこちら

ビットバンク(bitbank)のメリット・デメリット

メリット

アルトコインの取引手数料が無料です。取引を頻繁にする人にとって取引手数料が無料というのは大きなメリットです。また、人気・注目度の高いリップル(XRP)の日本円による板取引ができるのも魅力です。

デメリット

現時点では先に紹介した国内三大取引所に比べて利用者が少ないので、取引量がそれほど高くはありません。

bitbankの公式サイトはこちら

バイナンス(BINANCE)のメリット・デメリット

メリット

今回紹介した取引所の中では唯一の海外の取引所です。アカウント開設も簡単で日本語対応しているので取引に困ることはありません(現在日本語対応しておりません)。また日本未上場のアルトコインが多数上場されているので、草コイン投資を考えている人にはおすすめです。

デメリット

上場されている仮想通貨が多いので、多少なりとも仮想通貨の知識や取引に慣れていないと、どのアルトコインに投資すべきか判断ができないかもしれません。

バイナンス(BINANCE)の公式サイトはこちら

Coincheck(コインチェック)のメリット・デメリット

※コインチェックはマネックスグループの完全子会社化になることが発表され、新経営体制で再出発することになりました。以下のメリット・デメリットについては、2018年1月におきたNEMの流出事件以前に書いたものです。

参考までにそのまま残しておりますが、今後のコインチェックについては公式に発表される情報などを参考にしてご利用するようにして下さい。

メリット

何といってもCoincheck(コインチェック)のメリットは取り扱っている仮想通貨の種類が多いことです。ただ仮想通貨の種類が多いというだけでは海外の取引所には及びませんが、コインチェックで取扱っている仮想通貨はある程度時価総額が高いものが厳選されていて、2017年は13種類全ての仮想通貨が値上がりしており、10倍以上~300倍を超えたものもあります。

海外の取引所に上場される仮想通貨の中には、上場されても全く価値がでないまま消えていくものも少なくありません。あまり仮想通貨の知識に自信がなくても、コインチェックに上場されているアルトコインであれば安心して分散投資ができそうです。

忘れてはいけないながコインチェックのスマホアプリです。使いやすさと見やすさでは間違いなくNo1でしょう。各仮想通貨の価格を一目で把握できるウィジェットも用意されているので、アプリを開かなくても価格をリアルタイムで知ることができます。

デメリット

アルトコインの取引手数料(スプレッド)が高いです。コインチェックの場合、アルトコインは全て販売所形式での売買となり、実質的な手数料であるスプレッド込みの販売金額での売買となるため割高になります。スプレッドはアルトコインの種類や価格の変動の度合いによっても大きく変化します。

コインチェックの公式サイトはこちら

仮想通貨取引所は複数に登録するのが基本

いかがでしたか?取引所によって扱っている仮想通貨の種類や手数料が異なるなど、仮想通貨取引を行うにはどこか一つの取引所だけで取引を行うのではなく、やはり複数の取引所にアカウントを開設することをおすすめします。

基本的にどこの取引所もアカウントを開設するのは無料なので、複数の取引所に登録しておいて目的に応じてその時一番有利な条件で取引できる取引所を選択して取引するのが基本です。

トピックスカテゴリの最新記事