リップル(XRP) 人気の理由とおすすめの取引所

リップル(XRP) 人気の理由とおすすめの取引所

仮想通貨リップル(XRP)

世界的に人気の仮想通貨リップル(XRP)。仮想通貨に興味がある人なら一度はリップルの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

主要な仮想通貨の中でも特に人気が高く、リップラーが多い日本でもほとんどの仮想通貨取引所がリップル(XRP)を取り扱っています。

2017年に比べると仮想通貨市場は全体的に落ち着いた感じになりましたが、2018年に入ってもリップル(XRP)は独自の高騰を見せるなど相変わらず根強い人気を見せています。

そこで今回は、リップル(XRP)の人気の理由とリップル(XRP)が売買できるおすすめの取引所や『なんでその取引所がいいの?』という疑問にお答えします!

ということで本記事は筋金入りのリップラーのニーズを満たすものではありませんのでご了承ください。

リップル(XRP)が人気の理由

ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額の高さをイーサリアム(ETH)と競っているリップル(XRP)。なぜリップル(XRP)がそれほど人気なの?という疑問を持つ人も多いかと思います。そこで主な人気の理由をいくつかピックアップしてみます。

  • 決済スピードが爆速
  • 銀行の送金システムとの親和性が高い
  • 世界の名だたる企業や金融機関との提携

それでは以上の点について、リップル(XRP)の基礎知識にも触れつつ解説していきます。

リップル(XRP)は送金スピードが爆速

リップル(XRP)の大きな特徴としては、やはり「送金スピードが早い」ということでしょう。ビットコイン(BTC)と比べると一目瞭然、異次元の送金スピードといえるレベルです。

リップルは『価値のインターネット(Internet of Value)の実現』というビジョンを明確に掲げ、お金などの「価値」をインターネットによって、世界中何処へでも瞬時に送ることができる国際送金のインフラになることを目指しています。

しかし世界中へ送金できたとしても、送金が完了するまでに何時間もかかるようではとても利便性が高いとはいえません。

急激に仮想通貨が普及した2017年の後半は、ビットコイン(BTC)に代表されるさまざまな仮想通貨が送金詰まりとなり、送金に何時間どころか何日もかかるような状態となっていました。そんな時でもリップル(XRP)は、海外へ送金しても圧倒的な送金スピードの速さで絶賛されていました。

リップル(XRP)が独自に開発して採用している合意形成アルゴリズム『PoC(プルーフ・オブ・コンセンサス)』は、ビットコインなどが採用しているコンセンサス・アルゴリズム(Pow)のように膨大な計算を行う必要がなく、圧倒的な送金スピードを実現しています。

銀行の送金システムとの親和性が高い

ビットコイン(BTC)のような通貨型の仮想通貨とは異なり、リップル(XRP)は金融系の技術に特化したフィンテック系の仮想通貨といわれています。

リップルは銀行の送金システムにブロックチェーンの仕組みが応用されているため、既存の金融機関の送金システムとの親和性も高く、すでに実用化されている数少ない仮想通貨の一つです。

主に個人間の送金目的で利用されるビットコイン(BTC)に対し、リップルは金融機関同士の送金が主な用途といえるでしょう。

リップルは高度な技術で国際送金がスムーズに行えることから世界中の金融機関や大企業から大きな期待を集めています。

世界の名だたる企業や金融機関との提携

リップルは世界的な大企業や金融機関との提携が非常に多いことも特徴的な仮想通貨のプラットフォームといえるでしょう。

アップル(Apple)が自社の決済サービス、アップルペイ(Apple Pay)にリップルの技術を導入すると発表したことも話題となりましたが、グローバルビジネスを展開する国際的に有名な錚々たる企業や金融機関が次々とリップルとの提携を発表したり、新たなプロジェクトを立ち上げています。

ビットコイン(BTC)に代表される、非中央集権的な概念で運用されている仮想通貨とは異なり、リップル(XRP)はシリコンバレーを拠点とするリップル社によって管理・運用されている、中央集権型の仮想通貨(電子決済サービス)です。

多くの有名企業との提携が次々に発表される背景には、革新的で高度な技術以外にも、管理主体が存在しているということもあるのかもしれません。

IT界の巨人、Google(グーグル)やApple(アップル)、Microsoft(マイクロソフト)を始めとする世界的な大企業から、イギリスの中央銀行(Bank of England)やサウジアラビアの中央銀行(Saudi Arabian Monetary Authority)との提携でも有名です。

三菱東京UFJやみずほホールディングス銀行など、日本でもメガバンクをはじめ多くの金融機関との提携が発表されています。

ITのテクノロジーにあまり詳しくない一般の投資家にとって、世界的に有名な数々の企業や金融機関から提携や出資を受けているというのは、仮想通貨の価値を判断する上での好材料となるのは言うまでもありません。

 

avatar

提携や出資先を見ているだけでもリップルの安定感が伝わってきますね。

世界的に有望といわれるベンチャー企業でも、なかなかこうはいかないだろうね。

avatar

紫音

リップル(XRP)は実用性が高い

リップル(XRP)の主な人気の理由を3つ挙げてみましたが、どれも根底では実用性が高いということに繋がります。

『送金スピードが早い』というのも『銀行の送金システムとの親和性が高い』というのも実用性が高いということが言えますし、実用性が高いからこそ『世界の名だたる企業や金融機関との提携』に繋がるということが言えるのではないでしょうか。

どんなに素晴らしい技術で開発された仮想通貨だとしても、実際に実用化されなければ価値が上がることは期待できません。

既に数千を超える仮想通貨が誕生しているといわれていますが、一般レベルでの普及が進まない仮想通貨がほとんどです。先行きが不透明な仮想通貨に対して、すでに実用化の段階に進んでいるリップル(XRP)には大きなアドバンテージがあると言えそうです。

 

avatar

実用性が高いって超重要ですよね。

実用化がイマイチ見えてこない仮想通貨に投資しようと思う人は少ないだろうからな。

avatar

紫音

リップル(XRP)の購入におすすめの取引所

仮想通貨取引所ビットバンク bitbank.cc

仮想通貨はよくわかんないけど、とりあえずリップル(XRP)だけでも持っていたいと思う人もいるのではないでしょうか。そこでリップル(XRP)の購入におすすめの取引所をご紹介します。

結論から言って現時点(2018年10月)でリップル(XRP)の購入がおすすめの取引所はビットバンク(bitbank)です。その理由について解説していきます。

ビットバンク(bitbank)はリップル(XRP)の取引量が世界一

仮想通貨取引を行う上で、目的の仮想通貨の取引量がどのくらいあるのかが、取引所を選ぶ目安になります。取引量が多いということは、それだけ利用しているユーザーが多いということなので流動性が高くなります。

取引所の板取引では、その取引所を利用しているユーザー同士が売買を行います。そのため自分が希望する価格ですぐに取引できるとは限りません。この点が『取引所』と『販売所』の大きな違いなのですが、取引所を利用しているユーザーが多ければ多いほど流動性が高く、取引は成立しやすくなります。

例えば価格が急変した時に流動性が低いと『売りたいけど買ってくれる人がいない』ということになったり、またその逆も然りです。そのような状況になってしまうと想定外の損失を被ることもあるでしょう。

これは『流動性リスク』と呼ばれるものですが、流動性リスクを最小限に抑える為にも、取引量が多い(流動性が高い)仮想通貨取引所を選ぶのがおすすめです。

ビットバンク(bitbank)はリップル(Ripple)社公式の取引量ランキング「XRP Markets」の過去30日間統計において、世界No.1を達成するほど世界的に見てもリップル(XRP)の取引量多い仮想通貨取引所です。

リップル(XRP)が日本円で板取引できる

国内でもリップル(XRP)を扱っている取引所は多いですが、現物取引で日本円(JPY)とリップル(XRP)の通貨ペア(XRP/JPY)で板取引ができるとなると限られます。

現物取引ではなくレバレッジ取引しかできない取引所に比べ、ビットバンク(bitbank)は日本円で少額からリップル(XRP)の売買ができるというメリットもあります。

リップル(XRP)の管理体制も安心

ハッキングによる盗難被害が絶えない仮想通貨において、取引所のセキュリティ体制はとても気になります。ビットバンク(bitbank)はリップル(XRP)のコールドウォレット(オフライン環境下)でのマルチシグ(複数署名)にも対応しております。

また、ビットバンク(bitbank)のホットウォレット(オンライン環境下)には顧客の資産は含まれておらず、すべて自己資産で運用されており不正流出も検出されていないそうです。

セキュリティに関しては完璧なものはないかもしれませんが、現状では最高ランクのセキュリティ対策をしている取引所といってもいいでしょう。

ビットバンク(bitbank)は‟リップラー”御用達の仮想通貨取引所として人気です。

 

avatar

リップル(XRP)といえばやはりビットバンクですよね。

リップル(XRP)の売買にビットバンクは欠かせないからな。俺はビットポイントも利用してるけどね。

avatar

紫音

bitbankの公式サイトはこちら
bitbank ビットバンク リップル取引量No1

仮想通貨は『販売所』ではなく『取引所』で買うべし!

ある程度仮想通貨取引を行っている人には敢えて言う必要はないですが、これから仮想通貨取引を始める人も多いと思いますので一応言っておきます。

基本的に仮想通貨は『取引所』で買う!販売所は手数料が上乗せされているので、価格が割高になるというのは何となく分かると思います。しかし取引に慣れないうちは手っ取り早く売買できるので最初は『販売所』を利用するという人もいるのではないでしょうか。

確かにそれはそれでありだと思いますが、一回こっきりで仮想通貨を買ってそのままずっと持ち続けるという人はごく稀ですよね。このページに辿り着いた皆さんも、実際に仮想通貨を購入して取引してみたいという人がほとんどだと思います。

取引所での板取引はやってみると分かるのですが、案外すぐに慣れます。その時はきっと「最初から取引所で購入すれば良かった・・・」と思うはずです。販売所の利用を否定はしませんが、取引を続けていくならなるべく早いうちに板取引に慣れるべきです。

取引に慣れていない人が取引所のトレード画面を見ると、上級者っぽくて少し難しそうに感じてしまうのかもしれませんが、全然そんなことありません。

少ない額からでも購入できるので、仮想通貨は手数料が少ない『取引所』を利用するのがおすすめです。

bitbankの公式サイトはこちら
bitbank ビットバンク リップル取引量No1

トピックスカテゴリの最新記事