WordPressにおすすめの高速サーバー mixhost(ミックスホスト)

WordPressにおすすめの高速サーバー mixhost(ミックスホスト)

WordPressにおすすめのサーバー mixhost

WordPress(ワードプレス)におすすめのサーバーとして人気のmixhost(ミックスホスト)

mixhostは高速・高機能を追求したクラウド型のwebサーバーで、初期費用が無料にもかかわらず、ワードプレスでサイト運営していくための様々な便利機能が標準装備されています。

現時点でワードプレスを使うためのおすすめサーバーは『mixhost(ミックスホスト)』か『Xserver(エックスサーバー)』の2択でいいと思います。

今回はWordPressにおすすめのサーバー『mixhost(ミックスホスト)』について解説します。

mixhost(ミックスホスト)の主な特徴
  • 拡張性に優れたクラウド型サーバー
  • 利用に応じてプラン変更が柔軟にできる
  • WordPressが高速に動作する
  • 特別な設定不要でSSL化(https通信)に対応
  • アダルトコンテンツの利用も可

mixhostはプラン変更が柔軟にできる

mixhostはプラン変更が柔軟

mixhostのようなクラウド型のサーバーは「共用サーバーの使いやすさ」と「クラウドの拡張性」を兼ね備えた、いいとこどりのサーバーといわれています。

ユーザーの利用に応じた拡張性に優れ、CPUやメモリ、ディスク容量などのサーバーリソースを、必要に応じて柔軟に拡張することができます。

そのためmixhostはプラン変更が柔軟にできるという特徴があり、急なアクセス負荷があったとしても管理画面から瞬時に上位プランに変更できてしまいます。

しかもアクセス数が落ち着いて上位プランの必要がなくなったら、下位プランに戻すこともできます。

これなら急にアクセスが集中したとしても、あれこれ悩むことなくプラン変更することができますね。プラン変更による月額料金も日割で計算してくれます。

特に初めてサーバーと契約する時は、先のことをいろいろ考えながらプランを検討すると思いますが、mixhostなら迷うことなく一番安価なプランからスタートして、必要に応じてプラン変更すればいいですね。

サーバーリソースの増強がスムーズに行えるというのは、クラウド型のサーバーならではの特徴といえそうです。

 

avatar

ヒビキ

プラン変更の柔軟さはmixhostの魅力です。

WordPressの高速表示を実現するLiteSpeedを導入

LiteSpeed

webサーバーといえばApacheやNginxが有名ですが、mixhostは日本で初めてLiteSpeedを導入したwebサーバーとして知られています。

LiteSpeedはApacheの上位互換ソフトウェアで、ApacheやNginxに比べて軽量かつ高速に動作するという特徴があります。

ワードプレスで運営するサイトは、表示スピード対策が欠かせません。LiteSpeedを導入しているmixhostならワードプレスの高速表示においても優位性があるという点でもおすすめです。

実際ミックスホストを選ぶ多くの人は、高速性を重視しているのではないでしょうか。

ワードプレスのプラグインにはLiteSpeed独自のキャッシュ機能である『LiteSpeed Cache』があります。LiteSpeed Cacheを導入してワードプレスをさらに高速化することもできます。

LiteSpeedはSSL通信を高速化する次世代のHTTPプロトコル「HTTP/2」に完全対応しています。

また、mixhostはGoogleが開発した次世代高速通信プロトコルのQUIC(Quick UDP Internet Connections)にも対応しています。

 

avatar

ヒビキ

mixhostは最新技術の導入がとにかく早い!

初心者からテクノロジーおたくまで満足度が高いサーバーだね。

avatar

シオン

SSLが標準搭載

mixhost ssl

今の時代webページのSSL化(https通信)は必須です。

mixhostでは世界シェアNo.1のCOMODO社を認証局に採用した独自SSLが、特別な設定をしなくても無料で利用できます。

先述した「HTTP/2」はSSL化が前提なので、mixhostでサイト運営すればHTTP/2とSSL化は標準搭載なので、特に面倒な設定は不要です。

自動バックアップ機能は復元も無料!

自動バックアップ機能が標準でついているサーバーは増えてきました。

mixhostでは過去14日間のデータを自動でバックアップしてくれますが、特筆すべきはデータの復元も無料というところです。

例えばワードプレスのおすすめサーバーとして人気のXserver(エックスサーバー)では、基本的にMySQLデータ(過去7日分)の復元以外は有料になります。

ワードプレスのサーバーとしてmixhostとXserverで悩んでいる人も多いと思いますが、バックアップ機能はmixhostの方が優れているといえます。

自動バックアップとリカバリー機能が標準搭載されていて無料で利用できるのは、いざという時に心強いですね。

コントロールパネルはcPanel

cPanel

コントロールパネルとは他のサーバーでいう管理画面のことです。mixhostの管理画面はcPanelというサーバー管理ソフトが使われています。

cPanelについては賛否が分かれるところですが、CPUやメモリの使用量など、詳細な情報も確認することができます。

UIデザインは上記画像のように海外っぽい感じがしますが、慣れれば日本語にも対応していて特に使いずらいことはないと思います。

mixhostのサイトからユーザー名とパスワードを入力して、cPanelのデモ画面を試すことができます。

cPanelのデモ画面はこちら

電話サポートはない

mixhostは全プランで365日メールサポート対応がありますが、電話でのサポートはありません。

電話サポートが必要な時というのもそれほど多くは無いと思いますが、どうしても電話サポートが必要という人には向いていません。

電話サポートがないのがデメリットに感じる人もいるかもしれませんが、電話サポートの人件費を削ってでもこれだけのサーバー環境を提供してくれるなら言うことは無いです。

コスパが良くてWordPressにおすすめのサーバー

mixhostはWordPressを利用するためのさまざまなメリットが標準で用意されているサーバーです。

利用料金も安くて、12ヶ月契約だと月額980円で利用できます。36ヶ月契約の場合が最安値で月額880円となっています。

サーバーとしてのパフォーマンスは申し分がないレベルなので、コスパはかなり良いです。

WordPressのおすすめのサーバーとしてmixhostが人気なのも納得します。

少し割高になりますが、3ヶ月契約で月額1,380円から利用することができます。

10日間の無料お試し期間では分からないのでもう少し使ってみたいという人は、3ヶ月契約で試してみるのもいいかもしれません。

国内のサーバーは、アダルトコンテンツの利用ができない場合がありますが、mixhostはアダルトコンテンツの利用も可能です。

サーバーカテゴリの最新記事