【WordPress】おしゃれでかっこいい無料テーマ LION MEDIA

【WordPress】おしゃれでかっこいい無料テーマ LION MEDIA

おしゃれでかっこいいワードプレスの無料テーマLION MEDIA

ワードプレスのテーマ選びは一つの楽しみでもありますが、ワードプレスのテーマは公式のものだけでも膨大な数があります。

無料の物でいいか、それとも有料のテーマがいいかとあれこれテーマを選んでいるうちに、あっという間に時間だけが過ぎてしまったという人も多いと思います。

そんな方のために、今回は無料テーマとは思えないくらいおしゃれでかっこいいデザインと機能を兼ね備えたワードプレスの無料テーマ『LION MEDIA(ライオンメディア)』を紹介します。

無料のテーマとは思えないくらいおしゃれでかっこいいデザイン

ワードプレスの無料のテーマは似たようなデザインのものも多く、基本的に有料のテーマに比べるとデザイン性は見劣りしてしまいます。

ワードプレスの利用者の間では『デザインは少し物足りないけど無料だからしょうがないよね』というのが共通認識としてあると思います。

そんな常識を覆すかのように、ワードプレスの無料テーマ界に現れた『LION MEDIA(ライオンメディア)』。

正直これが無料だなんてちょっとびっくりでした。無料でもかっこいいテーマはいくつかありますが、見た目の美しさはダントツかっこいいですよね。

もちろん人それぞれの好みはあると思いますが、おしゃれで洗練されたデザインは他の無料テーマとは一線を画すといった感じがします。

ということでまずは見た目部分、主なデザインの設定から見ていきましょう。

LION MEDIAの見出しのデザインは16種類

LION MEDIAではカスタマイズ画面から簡単に設定できる見出しデザインが16種類用意されています。

16種類もあれば十分だと思いますが、オリジナルの見出しデザインもカスタマイズ画面から設定できるようになっています。

見出しデザインの変更は、ワードプレスの上部の管理バーにある「カスタマイズ」→「投稿スキン設定」から、見出し2~見出し5までのスタイルをそれぞれ選択できます。

ダッシュボードからだと「外観」→「カスタマイズ」→「投稿スキン設定」の順になりますね(「外観」→「カスタマイズ」→「追加CSS」でも可能です)。

 

avatar

ヒビキ

見出しデザインが16種類から選べるというのは嬉しいですね。

LION MEDIAを選ぶ人は多かれ少なかれデザインにこだわる人だと思うので、CSSがある程度わかる人なら自分好みの見出しデザインに変更するという人も多いかもね。

avatar

シオン

ボックスデザインは9種類

LION MEDIAではボックスデザインも9種類用意されています。

投稿ページのツールバーに【BOX:枠線】などのボックスデザインの設定ボタンが用意されているので、クリック一つで簡単にお好みのボックスデザインを設定することができます。

 

avatar

ヒビキ

ボックスデザインは記事にメリハリをつけたりする時などでも何かと便利なのでこれも嬉しいです。

ある程度のパターンが用意されていると、いちいちCSSを記述しなくていいから楽だよね。

avatar

シオン

マーカーや注釈ボタンもある

LION MEDIAでは他にも記事本文を強調させたい時などに便利なマーカーボタン(イエロー・ピンク・ブルーの3色)(←こんな感じ)や、記事に注釈を入れる際の注釈ボタンもデフォルトで用意されています。

※注釈ボタンはこんな感じに文字が小さく表示されます
 

avatar

ヒビキ

注釈ボタンは使う機会が少ないかもしれないけど、マーカーボタンはめっちゃ使いますよね。

フォントも「遊ゴシック」や「Lato」が指定されていたりして、デザインへのこだわりを感じるよね。

avatar

シオン

プラグインなしでも欲しい機能がほとんど揃っている

次は機能面について見ていきましょう!LION MEDIAは見た目の美しさだけでも満足度が高いですが、機能も素晴らしいです。

人で例えるなら『美人なのに性格も完璧』と思えるほどの多機能ぶりで、なんと55の機能があります。

プラグインなしでも欲しい機能がほとんど備わっています。

プラグインなしでAMPに対応

LION MEDIAは何から紹介しようかと思うくらい多機能ですが、まずはAMPから説明しましょう!

AMPとは「Accelerated Mobile Pages」の略で、モバイル端末でwebサイトを高速に表示させるために、IT界の巨人GoogleとTwitterが共同開発しているフレームワーク(AMP HTML)です。

ワードプレスではプラグインを使ってAMPに対応させる事も出来ますが、LION MEDIAはプラグイン不要で、ダッシュボードの「外観」→「カスタマイズ」→「AMP設定[LION用]」からAMP機能を有効にするだけで簡単にAMPに対応することができます。

テックジャイアントのGoogleがゴリ押ししているということもありAMP対応を検討する人も多いと思いますが、AMPエラーがでたりして初心者の方などはwebページをAMP対応させるのはなかなかハードルが高いかもしれません。

 

avatar

ヒビキ

アフィリエイトリンクやアドセンス広告を貼るとAMPエラーが発生しやすいです。

AMP用広告も設定可能な広告設定

LION MEDIAは広告設定もで簡単に設定できます。

ダッシュボードの「外観」→「カスタマイズ」→「広告設定[LION用]」から、「記事内広告」・「アーカイブ用インフィード広告」・「記事下用ダブル広告」・「AMP用広告」のそれぞれを設定できます。

「記事内広告」を設定すると、投稿画面に設置されている【記事内広告】ボタンで簡単に、記事内に広告を挿入することが出来て便利です。

「アーカイブ用インフィード広告」の設定では、アーカイブ記事の何番目に広告を表示するかを決めることが出来たり、「記事下のダブル広告」の設定では左右で広告を表示する、ダブルレクタングル広告を設定できます。

また、AMPページでは表示されない通常の広告の場合、「AMP用広告」からAMP専用のコードで貼り付けることができます。

CTAボックス

LION MEDIA CTAボックス

CTAとは「Call To Action(コール トゥ アクション)」の略で、画像やリンクを効果的に表示させてサイトに訪れたユーザーの行動を促すめに設置するエリアです。

LION MEDIAのオフィシャルサイトで設置されている上記画像のようなCTAボックスが簡単に設置できます。

よくある例として、メルマガの登録や資料請求などは、CTAエリアを設置して行われていることが多いですね。

最近はCTAエリアを設定できるワードプレスのテーマが増えてきましたが、もちろんLION MEDIAでもダッシュボードの「外観」→「カスタマイズ」→「CTA設定[LION用]」から簡単に設置できます。

投稿ページ設定では目次やSNSのシェアボタンが設置できる

lionmedia snsボタン

ワードプレスの投稿記事に目次を設定する場合、「Table of Contents Plus」などのプラグインを導入している人も多いのではないでしょうか。

LION MEDIAはダッシュボードの「外観」→「カスタマイズ」→「投稿ページ設定[LION用]」から、目次の表示/非表示が簡単に設置できる他、SNSのシェアボタンも簡単に設置できます。各シェアボタンはJavaScript不使用なので軽快なところもいいです。

FacebookとTwitter CardsのOGPも「外観」→「カスタマイズ」→「SNS・OGP設定[LION用]」から簡単に設置できます。

日本語対応のワードプレス無料テーマでもこのクオリティー

LION MEDIAについてざっくりと説明してきましたが、いかがでしたか?

まだまだ他にも紹介したいことはいろいろとありますが、昔からワードプレスを利用している人の中には、日本語対応のワードプレス無料テーマでもここまで来たかと驚いた人も多いのではないでしょうか。

洗練されたデザインはもちろんのこと、機能面でもかなりクオリティーが高いテーマであることは間違いないです。

デザイン重視の人には言うまでもないですが、プラグインをあまり入れたくないという人にもおすすめのテーマです。

 

avatar

ヒビキ

プラグインの入れ過ぎは要注意です!

ブログ利用に特化したLION BLOGもある

LION BLOG(ライオンブログ)

LION MEDIAを制作・開発しているwebクリエイトチームの「FIT-フィット-」さんでは、ブログ利用に特化したLION BLOG(ライオンブログ)も無料で提供しております。

LION MEDIAの方がやや出来ることが多い印象ですが、基本的な機能はそれほど変わらないので、シンプルなblog風が好みならLION BLOGもおすすめです。

Themeカテゴリの最新記事