【WordPress】エックスサーバー(Xserver)で501エラーが出た時の対処法

【WordPress】エックスサーバー(Xserver)で501エラーが出た時の対処法

501 Not Imprementedエラー

エックスサーバー(Xserver)でWordPress(ワードプレス)を使用してブログなどのサイトを運営している人は多いと思いますが、記事を更新しようとした時などに画像のような501エラーが出て記事の更新や保存ができないことがあります。

今回はエックスサーバー(Xserver)でWordPress(ワードプレス)の記事更新時などに起こる501 Not Imprementedエラーの対処法を紹介します。

主な手順は以下の通りです。

  1. エックスサーバーのサーバーパネルにログイン
  2. 『セキュリティ』の項目にある『WAF設定』をクリック
  3. 対象のドメインを選択
  4. WAF設定画面で『コマンド対策』の変更ボタンをOFFにする

それでは詳しく見ていきましょう!

エックスサーバーの501エラーはWAFの設定で解決

エックスサーバーでワードプレス使用中に「501 Not Impremented」エラーが出る主な理由は、WAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)の設定によるものです。

例えば以前書いた記事をリライトしたりして、記事を更新しようとした時などに出る場合がほとんどだと思います。

この場合は、エックスサーバーのWAFの設定を変更することで大抵解決できます。それでは順番に見ていきましょう。

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログインして『セキュリティ』の項目にある『WAF設定』をクリックします。

エックスサーバー WAF設定

するとドメイン選択画面に遷移しますので、対象のドメインを選択します。

WAF(Webアプリケーションファイアウォール)を設定する画面が表示されたら、『コマンド対策』の変更ボタンを『OFFにする』をクリックします。※画像は既にOFFにした状態になっています。

エックスサーバー

これで終了です。WAF設定の反映には少し時間がかかるので、少し待ってからワードプレスで再び記事の更新などをしてみて下さい。最大で1時間程度かかる場合があるようですが、ほとんどの場合だいたい10分程度もすれば反映されると思います。

解決したら必ずWAFの設定は「ON」に戻しておくことを忘れないようにして下さい。

また、場合によっては「XSS対策」が原因となっていることもあるようです。もしコマンド対策で解決しなかった場合、同じWAF設定の画面一番上にある「XSS対策」をOFFにしてみるといいかもしれません。

「501 Not Impremented」エラーって何?

501 Not Imprementedエラーって何?

そもそも「501 Not Impremented」エラーって何?っていう人のために、少しだけ簡単に補足しておきます。

基本的に「501 Not Impremented」エラーはサーバー側の何らかの問題で発生するエラーです。

このような501などの数字はHTTPステータスコードと言って、webブラウザからのリクエストに対するwebサーバーからのレスポンス内容を3桁の数字で表したものです。

このステータスコードは100番台~500番台までの種類があり、それぞれ役割も異なりますが、このうち400番台と500番台はエラーコードとなります。

今回はエックスサーバーでワードプレスを使用して記事更新時などに発生しやすいエラーの例として紹介しました。

エラーメッセージには、「このエラーは、実装されていないメソッドでのアクセスがあったことを意味します。」と表示されています。

簡単に言うと、ワードプレスでの処理を実行する際に必要な機能(メソッド)が、サーバー側で認識されなかったということです。

今回の場合はWAFの設定を変更することで大抵解決できたと思いますが、本来だとHTTPステータスコードの500番台のエラーはwebサーバー側の問題で発生するので、自分で解決できないことが多いかもしれません。

エックスサーバーではほとんど困ったことはありませんが、もし500番台のエラーがなかなか解決されない時は、ホスティングサービスを運営している会社に問い合わせてみましょう。

大抵のエラーは自分で解決できるので焦らない

今回はエックスサーバー(Xserver)でWordPress(ワードプレス)の記事更新時などに起こる501 Not Imprementedエラーの対処法を紹介しました。

まだワードプレスに慣れていない時にこんなエラーが出ると少しびっくりするかもしれませんね。

ワードプレスやエックスサーバーは利用者も多いので、よほど特殊な事でもしない限り大抵のエラーについてはネットで検索すると対処方法が見つかると思います。

しっかり情報を集めて対処すればほとんどのことは自分でも解決できるはずです。なので焦らず冷静に対処してみて下さい。

最後に、今回紹介したエックスサーバーでWordPress(ワードプレス)の記事更新時などに起こる501 Not Imprementedエラーの対処法について、主な手順をまとめておきます。

記事更新時などに501エラーが表示されたらとりあえず試してみて下さい。

  1. エックスサーバーのサーバーパネルにログイン
  2. 『セキュリティ』の項目にある『WAF設定』をクリック
  3. 対象のドメインを選択
  4. WAF設定画面で『コマンド対策』の変更ボタンをOFFにする

サーバーカテゴリの最新記事