Zaif おすすめの入金方法

Zaif おすすめの入金方法

zaif取引所

2017年はビットコインの価格高騰が続き、ついに200万円を突破しました。取引所のTVCMや仮想通貨を扱うメディアはいたるところで見かけるようになりました。時代の大きな変革を目の当たりにして、とりあえず仮想通貨取引所のアカウント(口座)を開設したという人も多いのではないでしょうか。

口座を開設して実際に仮想通貨の取引を始めるには、開設した口座へ入金する必要があります。そこで今回は国内大手仮想通貨取引所の一つ、Zaif(ザイフ)の口座へおすすめの入金方法をご紹介します。

Zaif(ザイフ)への入金方法と手数料

Zaifへ日本円を入金する方法は次の三択です。

  1. 銀行振込
  2. コンビニ決済入金
  3. ペイジー入金

2017年12月現在、それぞれの入金手数料はこちら。

銀行振込 ※振込み手数料はお客様にてご負担ください
コンビニ決済入金 3万円未満 486円
3万円以上 594円
5万円以上の場合は別途印紙税200円が必要です。
ペイジー入金 3万円未満 486円
3万円以上 594円

Zaifへの口座へは銀行振込がおすすめ

この三択の中でおすすめなのが銀行振込です。無条件で振込手数料が必要なコンビニ決済入金とペイジー入金に比べ、Zaifと同じ銀行口座を使えば振込手数料は無料で済みます。

Zaifの口座は住信SBIネット銀行なので、住信SBIネット銀行同士であれば振込手数料は無料になります。もし住信SBIネット銀行の口座を持っていないのであれば、ぜひ住信SBIネット銀行の口座を開設することをおすすめします。

ただ一つ残念なのが銀行振込の場合、銀行の営業時間を過ぎると振り込みは翌営業日となってしまうので、すぐにZaifの口座へ反映されません。ここがZaifで銀行振込をする場合の唯一のデメリットですが、ある程度のキャッシュを事前に銀行振込で入金しておくと手数料がかからずお得です。

銀行の営業時間を過ぎてしまったけど今すぐ入金したい場合は『コンビニ決済入金』か『ペイジー入金』で入金することが出来ます。

Zaifでは入金リクエストが必要

それでは実際に住信SBIネット銀行からZaifの口座へ日本円の振込をしてみます。Zaifの場合は事前に入金リクエストをする必要があります。

①zaifのサイトにアクセスしたら右上の『ログイン』をクリック
②ログイン画面では通常のログイン(メールアドレスとパスワードを入力)とgoogleアカウントでもログインができます
③メルアドとパスワードを入力してログインボタンを押すと、画像認証画面が出る時があるので、指定された画像の上を全てクリックして確認ボタンをクリック
④ログインできたら右上のアカウントをクリック
⑤「入出金と履歴」か左下の方にある「¥」マークをクリック
⑥入金画面で入金額を入力して「入金開始」ボタンをクリック
⑦入金リクエストが完了すると振込先が表示されます

これで入金リクエストは完了です。表示された振込先とID(識別コード)が必要になるので覚えておいてください。

住信SBIネット銀行からZaifの口座へ振込

入金リクエストが終わったら今度は住信SBIネット銀行からZaifの口座へ振込を行います。

①住信SBIネット銀行へログイン

ユーザーネームとWEBログインパスワードを入力してログイン。
②取引メニューの振込を選択
③振込依頼人名の後にID(識別コード)を入力して振込先を選択

初めて振り込む場合は新規振込(金融機関選択へ)から入金リクエストの時に表示されたZaifの口座を指定して下さい。登録しておくと次回から選択するだけで良いので楽です(画像下)。特に難しいことはないのでここでは新規振込(金融機関選択へ)の指定は省略します。
④振込先画面で金額を入力して確認ボタンをクリック
⑤確認画面でWEB取引パスワードと※スマート認証をクリック

※スマート認証は予め設定する必要があります。スマート認証を設定したスマートフォンで取引の承認をして完了になります。取引時のセキュリティー強化のためにもスマート認証の利用をおすすめします。スマート認証の詳細はこちら

住信SBIネット銀行から振込みする際の注意点

スマート認証の設定など、住信SBIネット銀行の口座を開設してから実際に振込手続きをするまでに、いくつかの設定をする必要があります。少し面倒だな~と思うかもしれませんが、最初に設定しておけば後は簡単に振込手続きができます。

仮想通貨取引を行う上でセキュリティー対策は必須ですので、大事な設定は取引を行う前に済ませておくようにしましょう。

ID(識別コード)の入力を忘れないように!

通常振込の手続きが完了すると、1銀行営業日以内(だいたい数分)にZaifのアカウントに反映されます。しかし振込依頼人名の後にID(識別コード)の入力を忘れてしまうと、Zaifの口座へ反映するのが遅れてしまいます。

Zaifに問い合わせて振込情報を照合してもらう必要があり、確認が取れるまで口座へ反映されません。ついうっかりID(識別コード)の入力を忘れてしまいがちなので、しっかり確認するようにしましょう。

住信SBIネット銀行の口座は必須

いかがでしたか?住信SBIネット銀行の口座を開設しておけば、お得で簡単にZaifの口座へ入金できます。他の国内大手取引所のビットフライヤー(bitFlyer)やコインチェック(coincheck)も住信SBIネット銀行の口座がありますので、仮想通貨取引をするには住信SBIネット銀行の口座開設は必須といえそうです。

最初に必要な設定さえしておけば、あとは簡単に入金することができるので便利です。仮想通貨取引は何かと手数料がかかるので、出来るだけ余計な手数料は払いたくないものです。一度の振込や取引にかかる手数料はわずかでも、塵も積もればなんとやらです。振込手数料だけでも無料に越したことはないですからね。

Zaifの公式サイトはこちら

トピックスカテゴリの最新記事